ここから本文です

『スター・ウォーズ』ランド、新アトラクションのオープン日が決定!

シネマトゥデイ

2019年7月13日 (土) 07時02分 更新

今回はフロリダが先にオープン!(「スター・ウォーズ:ライズ・オブ・ザ・レジスタンス」のイメージ画像) - (C)Disney / Lucasfilm Ltd. (C) & TM Lucasfilm Ltd.

今回はフロリダが先にオープン!(「スター・ウォーズ:ライズ・オブ・ザ・レジスタンス」のイメージ画像) - (C)Disney / Lucasfilm Ltd. (C) & TM Lucasfilm Ltd.

シネマトゥデイ

 現地時間11日、アメリカ・ディズニーパーク史上最大規模のテーマランド「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」で稼働予定の新アトラクション「スター・ウォーズ:ライズ・オブ・ザ・レジスタンス」のオープン日が決定したことが、公式ブログで発表された。「ギャラクシーズ・エッジ」は、映画『スター・ウォーズ』をテーマとした、14エーカー(東京ドーム約1.2倍)という広さを誇る巨大テーマランド。すでにカリフォルニア州のディズニーリゾートで公開されており、8月29日にフロリダ州のディズニー・ハリウッド・スタジオでのオープンを予定している。

 実装予定のアトラクション「ライズ・オブ・ザ・レジスタンス」は、12月5日(フロリダ州)、2020年1月17日(カリフォルニア州)にオープン予定。8人乗りライドになっており、ゲストはレジスタンスの一員としてスター・デストロイヤーの破壊ミッションに参加。レジスタンスと悪の組織ファースト・オーダーの戦いを体験する。

 奇しくも、フロリダで新アトラクションがオープンする12月5日は、ウォルト・ディズニーの誕生日でもある。ディズニーランドの生みの親であるウォルトに捧げるアトラクションとしても注目されそうだ。

 カリフォルニアでは、すでにハン・ソロの愛機ミレニアム・ファルコンに搭乗し、任務に挑むアトラクション「ミレニアム・ファルコン:スマグラーズ・ラン」が稼働しており、「ライズ・オブ・ザ・レジスタンス」は2つ目のアトラクションとなる。(編集部・倉本拓弥)

本文はここま>
でです このページの先頭へ