ここから本文です

佐藤健、あふれるゲーム愛を熱弁!映画『ドラクエ』は大傑作と自信

シネマトゥデイ

2019年7月16日 (火) 21時01分 更新

「もはやゲームとともに育ったと言っても過言ではない」と語った佐藤健

「もはやゲームとともに育ったと言っても過言ではない」と語った佐藤健

シネマトゥデイ

 佐藤健が16日、TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われた映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』のワールドプレミアに出席し、熱いゲーム愛と本作への思いを明かした。

 本作は、1992年に発売されたRPG「ドラゴンクエストV 天空の花嫁」を原案にした、「ドラゴンクエスト」シリーズ初のフル3DCGアニメーション映画。佐藤は主人公のリュカに声を吹き込んだ。この日のイベントには、有村架純、波瑠、坂口健太郎、山田孝之、ケンドーコバヤシ、安田顕、井浦新、賀来千香子、吉田鋼太郎、そして山崎貴総監督も出席した。

 大勢の観客の前に姿を見せた佐藤は「このような大役を務めさせていただいて、本当に光栄です。大傑作が完成しました」と誇らしげにコメント。続けて「僕はゲームがすごく好きで、もはやゲームとともに育ったと言っても過言ではないくらい。そんな自分がこの映画を観たとき、感動しすぎて最後は立てなくなりました」と続け、会場からは驚いた声があがった。

 さらに佐藤は「子どもの頃は、大人たちから『ゲームばかりやってないで勉強しなさい』と否定されてきた。もちろん大人たちが言うことも分かるんですが、こんなにステキなことがゲームに詰まっているのに、というモヤモヤした思いのまま大人になった。そういう人はたくさんいると思っていて、そんな僕たちの心の声を映画がすべて代弁してくれました」と胸を張る。本作を「特別な作品」と表現した佐藤は、「早く観てほしい。思いを共有したいですね」と思いを抑えきれない様子だった。

 そんな佐藤と「ドラクエ」の思い出を語り合った登壇者たち。井浦は「初期の“復活の呪文”のミスが一番の思い出。レベルを上げれば上げるほど、呪文も長く、複雑になるんです。当時はデジカメもなかったので、ノートに鉛筆で書き写していたんですが、どこかが間違えているんです」と切り出すと、吉田が「俺も言おうと思ってた!」と強く同意した。

 吉田は「みなさん分からないですよね」と口にしつつ「ゲームが終わると、セーブするためにランダムで50くらい文字が出て、再開するときに入力しないといけない。一文字でも間違えると次はできなくて、ものすごく理不尽なシステムなんですよ!」と熱い口調で解説して、会場は大笑い。ケンコバが「“め”と“ぬ”が鬼門と言われていましたね」と賛同すると、佐藤も「当時のゲームはそうでしたよね。今ほど(画面が)鮮明じゃないので、僕も(経験が)あります」としみじみと振り返った。(取材・文:壬生智裕)

映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』は8月2日より全国公開

本文はここま>
でです このページの先頭へ