ここから本文です

『天気の子』3週連続1位!『ワイスピ』新作は2位発進!:映画週末興行成績

シネマトゥデイ

2019年8月5日 (月) 15時12分 更新

今日にも興行収入60億円を突破しそうな『天気の子』がV3! - (C) 2019「天気の子」製作委員会

今日にも興行収入60億円を突破しそうな『天気の子』がV3! - (C) 2019「天気の子」製作委員会

シネマトゥデイ

 土日2日間(8月3日~8月4日)の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、新海誠監督の映画『天気の子』が3週連続1位を記録した。

 7月19日に公開された同作は8月4日までの17日間で433万6,897人を動員し、興行収入59億846万6,600円となった。配給側は「『君の名は。』同様に2回、3回と劇場に詰めかけるリピーターが続出し、性別・年齢を問わず真夏の日本列島を席巻」としている。

 惜しくも2位スタートとなったのはカーアクション『ワイルド・スピード』シリーズの通算9作目である『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』。シリーズの過去作に登場し、犬猿の仲として知られる元FBI特別捜査官ルーク・ホブス(ドウェイン・ジョンソン)と、元MI6エージェントのデッカード・ショウ(ジェイソン・ステイサム)をメインにすえた作品だ。

 同じく新作の『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』は4位にランクインした。『STAND BY ME ドラえもん』などで知られる山崎貴が総監督を務め、ロールプレイングゲーム「ドラゴンクエスト」がフル3DCGアニメーションとして映画化された。佐藤健、有村架純、波瑠、坂口健太郎、山田孝之らがボイスキャストとして参加した。山崎は5位に入った菅田将暉主演の『アルキメデスの大戦』では監督を務めている。

 先週2位だった『トイ・ストーリー4』も腰の強い興行を続けて3位に入っており、公開4週目でもトップ3内を維持している。公開9週目の『アラジン』が9位に入っているほか、先週はトップ10に入っていなかった公開8週目の『劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEキングダム』が10位になり、トップ10圏内に返り咲きとなった。

 今週は『ライオン・キング』『劇場版『ONE PIECE STAMPEDE』』『BRING THE SOUL: THE MOVIE』『JKエレジー』『ピータールー マンチェスターの悲劇』などが公開される。(ランキング・数字などは興行通信社、配給調べ)(編集部・海江田宗)

【2019年8月3日~8月4日の全国映画動員ランキングトップ10(興行通信社調べ)】※()内は先週の順位(『劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEキングダム』は先週はトップ10圏外)

1(1)『天気の子』:3週目

2(初)『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』:1週目

3(2)『トイ・ストーリー4』:4週目

4(初)『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』:1週目

5(3)『アルキメデスの大戦』:2週目

6(5)『ペット2』:2週目

7(4)『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer』『騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック!!』:2週目

8(7)『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』:4週目

9(6)『アラジン』:9週目

10(-)『劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEキングダム』:8週目

本文はここま>
でです このページの先頭へ