ここから本文です

ジュリアン・ムーア、渡辺謙、加瀬亮が共演『ベル・カント』日本上陸

シネマトゥデイ

2019年8月21日 (水) 11時00分 更新

『ベル・カント とらわれのアリア』ポスター - (C) 2017 BC Pictures LLC All rights reserved.

『ベル・カント とらわれのアリア』ポスター - (C) 2017 BC Pictures LLC All rights reserved.

シネマトゥデイ

 オスカー女優ジュリアン・ムーアと、渡辺謙、加瀬亮が共演した米映画『BEL CANTO(原題)』が、『ベル・カント とらわれのアリア』の邦題で11月15日に日本公開されることが決まった。

 『ベル・カント とらわれのアリア』は、1996年にペルーで起きた日本大使公邸占拠事件からヒントを得て、テロリストと人質の予期せぬ交流を描いた作家アン・パチェットの小説を、『アバウト・ア・ボーイ』でアカデミー賞脚色賞にノミネートされたポール・ワイツ監督が映画化。人の心を救うのは「力」ではなく、美しい芸術や温かな交流だと示すヒューマンドラマだ。

 ジュリアンは、世界的なオペラ歌手ロクサーヌ・コス役。渡辺は、崇拝するコスを守る実業家ホソカワ、加瀬はホソカワの通訳ゲンを演じる。コスの歌声は当代随一のソプラノ歌手と評されるルネ・フレミングが吹き替え、『善き人のためのソナタ』のセバスチャン・コッホ、『サブウェイ』のクリストファー・ランバートも出演している。

 ワイツ監督は「私にとっての鍵は、脚本をジュリアン・ムーアに送り、彼女に私と一緒にこの映画を作りたいと思ってもらうことだった」と振り返り、渡辺について「素晴らしいユーモアのセンスがあり、物腰に気品がある。この映画のほとんどで、彼から目が離せないだろう」と語っている。(編集部・小松芙未)

本文はここま>
でです このページの先頭へ