ここから本文です

早見あかり、『僕のワンダフル・ジャーニー』で吹き替え初挑戦!

シネマトゥデイ

2019年8月30日 (金) 11時00分 更新

早見あかり(左)と、彼女が声を担当するキャラクター・CJ(右) - (c) 2019 Storyteller Distribution Co., LLC, Walden Media, LLC and Alibaba Pictures Media, LLC.

早見あかり(左)と、彼女が声を担当するキャラクター・CJ(右) - (c) 2019 Storyteller Distribution Co., LLC, Walden Media, LLC and Alibaba Pictures Media, LLC.

シネマトゥデイ

 女優の早見あかりが、映画『僕のワンダフル・ジャーニー』(9月13日全国公開)の日本語版で吹き替え声優を務めることが明らかになった。今回が吹き替えに初挑戦となる早見は、「声だけでお芝居をするのは初めてだったので、やりすぎてはいけないし、でもやらないと伝わらないし、という絶妙なラインが、すごく難しかったです」と振り返っている。

 本作は、飼い主に会いたい一心から、50年で3回も生まれ変わった不思議な犬ベイリーの姿を描いた『僕のワンダフル・ライフ』(2017)の続編。最愛の飼い主の「孫娘を守ってほしい」という願いを聞いたベイリーが、新たな旅へと繰り出す。

 飼い主イーサンの孫娘で、歌手を夢見るCJの声を担当する早見は、「言葉を発する時の息遣いが、日本語と英語で全然違うという事に初めて気づきました」とコメント。彼女自身も愛犬家であり、「こういった作品に関われるという事がとても嬉しく、共感や感動が沢山ありました」と喜びつつ、「そして犬を飼っていない人でも、動物ってこんなに可愛くて、こんなに愛おしいんだなと思える作品になっていると思います」と映画をアピールしている。

 アイドルグループ・ももいろクローバー(現・ももいろクローバーZ)の一員として活動していたこともある早見。劇中、CJがギター片手に歌を披露するシーンもあり、「一番最初のステージや、そのステージが大きくなるにつれて楽しいし、皆に見てもらいたいけど緊張してしまう気持ち、そして一歩踏み出すまでにとても時間がかかる気持ちにすごく共感しました」と自身のキャリアに重なる部分があったという。

 すでに本作の吹き替え声優には、高木渉、大塚明夫、松岡洋子、石川界人、朴路美、鈴木達央、久野美咲、下地紫野、前田玲奈が決定している。(編集部・倉本拓弥)

本文はここま>
でです このページの先頭へ