ここから本文です

ブラッド・ピット来日決定!ベネチア映画祭コンペ出品『アド・アストラ』引っ提げ

シネマトゥデイ

2019年9月2日 (月) 05時00分 更新

ブラピが来る! 『アド・アストラ』のブラッド・ピット - (C)2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

ブラピが来る! 『アド・アストラ』のブラッド・ピット - (C)2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

シネマトゥデイ

 人気ハリウッド俳優のブラッド・ピットが、新作映画『アド・アストラ』(9月20日全国公開)プロモーションのため、9月中旬に来日することが決定した。宇宙を舞台にした本作にちなみ、9月12 日には日本科学未来館で記者会見を実施し、翌13日には TOHO シネマズ六本木で行われるジャパンプレミアに出席する。

 本作は、宇宙飛行士のロイ・マグブライド(ブラッド)が、太陽系の彼方で消息を絶った父(トミー・リー・ジョーンズ)と、彼が残したある謎の答えを探すために宇宙へと旅立つ姿を描いた作品。エンターテインメント大作でありながら、現在開催中の第76回ベネチア映画祭でコンペティション部門に出品され注目を浴びている。『エヴァの告白』などのジェームズ・グレイ監督がメガホンを取った。

 ブラッドの来日は、2017年のNetflixオリジナル映画『ウォー・マシーン:戦争は話術だ!』のPR以来となり、12回目の日本となる。レオナルド・ディカプリオと共演したクエンティン・タランティーノ監督作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』での来日はかなわなかったため、ファンにとっても貴重な機会となりそうだ。(編集部・入倉功一)

本文はここま>
でです このページの先頭へ