ここから本文です

『かぐや様は告らせたい』など注目作8選!:今週公開の映画

シネマトゥデイ

2019年9月2日 (月) 09時10分 更新

アニメもヒット!人気コミックが待望の実写化! - (C) 2019映画『かぐや様は告らせたい』製作委員会 (C) 赤坂アカ/集英社

アニメもヒット!人気コミックが待望の実写化! - (C) 2019映画『かぐや様は告らせたい』製作委員会 (C) 赤坂アカ/集英社

シネマトゥデイ

 生徒会長と副生徒会長の“恋愛頭脳戦”を描く人気コミックの実写化作品など、今週公開の注目映画を紹介する。(編集部・大内啓輔)

恋愛は戦…!大人気コミックを実写映画化

『かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~』9月6日公開

 赤坂アカの人気ラブコメ漫画を実写映画化。お互いに惹かれあっている超名門私立高校に通う頭脳明晰な生徒会長と、大財閥の令嬢で文武両道の副会長が“相手に告らせる”ために頭脳戦を繰り広げる。平野紫耀(King & Prince)と橋本環奈をはじめ、佐野勇斗、池間夏海、浅川梨奈など若手人気キャストが出演。監督を映画『ニセコイ』などの河合勇人が務めた。

草なぎ剛主演!財産分与のために集まったきょうだいの台風のような一日

『台風家族』9月6日公開

 『箱入り息子の恋』などの市井昌秀監督が構想12年をかけて自身のオリジナル脚本を映画化。両親の財産分与を行うために、久しぶりにきょうだいが集まって起こる騒動がブラックユーモアを交えて描かれる。一家の長男を草なぎ剛、次男を新井浩文、長女をMEGUMI、三男を中村倫也が演じる。ほか藤竜也、榊原るみ、尾野真千子、若葉竜也らが脇を固める。

横浜流星×飯豊まりえ!切なくも美しい青春ファンタジー

『いなくなれ、群青』9月6日公開

 河野裕の小説「階段島」シリーズの第1作を、横浜流星と飯豊まりえを迎え実写映画化。ある島を舞台に、主人公たちが幼なじみのヒロインに巻き込まれながら、島の謎を解き明かそうとする。共演には矢作穂香、松岡広大、松本妃代、中村里帆、黒羽麻璃央ら。主題歌をSalyuが担当し、主題歌プロデューサーとして小林武史が参加する。監督は『今日という日が最後なら、』などの柳明菜。

壊れゆく世界を生きる3人の少年の刹那的な輝き

『タロウのバカ』9月6日公開

 『さよなら渓谷』『日日是好日』などの大森立嗣監督が脚本を手掛けた、社会からはじき出された3人の少年の純粋で過激な疾走を描く物語。ファッションや音楽、アートなどジャンルをこえて活動する16歳の新人・YOSHIを主演に迎え、菅田将暉、仲野太賀が共演する。ほかキャストには奥野瑛太、植田紗々、豊田エリー、國村隼。音楽を大友良英が担当した。

上白石萌音×山崎紘菜!正反対のビジネスパートナーが未来を変える!?

『スタートアップ・ガールズ』9月6日公開

 自由奔放で天才的な大学生起業家と、安定志向な大企業のOLという正反対の2人がビジネスパートナーとしてぶつかり合いながらも成長する姿を描く物語。上白石萌音と山崎紘菜が主演を務め、渡辺真起子、宮川一朗太、神保悟志、山本耕史が共演。監督は『東南角部屋二階の女』『先輩と彼女』などの池田千尋。主題歌を ASIAN KUNG-FU GENERATION が手掛けた。

『ゲット・アウト』監督最新作!自分たちとそっくりな“私たち”が訪れる

『アス』9月6日公開

 第90回アカデミー賞で脚本賞を受賞した『ゲット・アウト』のジョーダン・ピールが監督・脚本・製作を務めたスリラー。休暇で海辺にやって来た一家が自分たちと瓜二つの不気味な人物に遭遇する。『それでも夜は明ける』で第86回アカデミー賞助演女優賞に輝いたルピタ・ニョンゴが主演を務め、ウィンストン・デューク、エリザベス・モスらが共演。

ジャ・ジャンクー最新作!激動の現代中国を舞台に、17年におよぶ愛の物語

『帰れない二人』9月6日公開

 『長江 哀歌』『罪の手ざわり』などのジャ・ジャンクーが監督と脚本を担当したフィルムノワール。人生の裏街道を歩く男とその恋人が辿る17年にも及ぶ軌跡を描く。ヒロインを『罪の手ざわり』などジャ・ジャンクー監督作品に出演してきたチャオ・タオ、恋人を『薄氷の殺人』などのリャオ・ファンが演じる。

アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞を受賞!高さ1キロ近い岩肌に挑む

『フリーソロ』9月6日公開

 クライマーとして有名なアメリカのアレックス・オノルドのチャレンジに迫るドキュメンタリー。安全装置などを使用せずに素手でクライミングする“フリーソロ”で、高さ1キロメートル近い岩肌に挑む姿をスリリングに描く。監督と製作を担当するのは『MERU/メルー』でも組んだエリザベス・チャイ・ヴァサルヘリィとジミー・チン。第91回アカデミー賞で長編ドキュメンタリー賞を受賞した。

本文はここま>
でです このページの先頭へ