ここから本文です

『天気の子』7週目も1位!好調をキープ:映画週末興行成績

シネマトゥデイ

2019年9月2日 (月) 17時45分 更新

勢いおとろえず - (C) 2019「天気の子」製作委員会

勢いおとろえず - (C) 2019「天気の子」製作委員会

シネマトゥデイ

 土日2日間(8月31日~9月1日)の全国映画動員ランキングが2日に興行通信社から発表され、『天気の子』が公開7週目にして、先週に引き続き1位を記録した。

 2016年に公開され、大ヒットした『君の名は。』の新海誠監督の最新作となる本作は、公開から3週連続1位を獲得。先週、再び1位に返り咲き、今週も首位をキープした。1日が映画サービスデーだったこともあり、前週対比で動員は113.7%、興行収入は99.1%。累計興収は116億円を突破し、歴代興収ランキングでは『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を抜き、23位まで順位を上げた。

 2位から4位までも先週と変わらず、『ライオン・キング』『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』『劇場版『ONE PIECE STAMPEDE』』がランクイン。『ライオン・キング』はまもなく累計興収55億円に届く。

 新作では、星野源主演の『引っ越し大名!』が5位、“二大スター”レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットが共演したクエンティン・タランティーノ監督の最新作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』が6位、人気ライトノベルを原作にしたアニメシリーズの劇場版『この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説』が8位に初登場した。

 今週末は『かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~』『ビルド NEW WORLD 仮面ライダーグリス』『アス』『台風家族』『タロウのバカ』『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 -永遠と自動手記人形-』『いなくなれ、群青』などが公開される。(編集部・中山雄一朗)

【2019年8月31日~9月1日の全国映画動員ランキングトップ10(興行通信社調べ)】※()内は先週の順位

1(1)『天気の子』:7週目

2(2)『ライオン・キング』:4週目

3(3)『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』:2週目

4(4)『劇場版『ONE PIECE STAMPEDE』』:4週目

5(初)『引っ越し大名!』:1週目

6(初)『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』:1週目

7(5)『トイ・ストーリー4』:8週目

8(初)『この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説』:1週目

9(6)『ロケットマン』:2週目

10(7)『二ノ国』:2週目

本文はここま>
でです このページの先頭へ