ここから本文です

岩井俊二監督の新作予告に松たか子、広瀬すず、神木隆之介、福山雅治ら

シネマトゥデイ

2019年9月4日 (水) 05時00分 更新

タイトルロゴ - (C)2020「ラストレター」製作委員会

タイトルロゴ - (C)2020「ラストレター」製作委員会

シネマトゥデイ

 松たか子が1998年公開の『四月物語』以来、21年ぶりに岩井俊二監督とタッグを組む映画『ラストレター』の初日が2020年1月17日に決定し、併せて予告編が公開。手紙の行き違いをきっかけに始まった二つの世代の恋愛模様が映し出され、主演の松のほか、広瀬すず、神木隆之介、福山雅治、そして現在公開中の『天気の子』でヒロインの声を務める新星・森七菜ら華やかな面々が登場する。

 本作は、『スワロウテイル』『花とアリス』などで知られる岩井監督が、自身の代表作の一つである『Love Letter』(1995)を彷彿とさせる世界観で描いた新たなストーリー。姉・未咲を亡くした裕里(松)と、初恋の相手だった鏡史郎(福山)の、勘違いから始まった奇妙な文通の行方を、過去と現在を交錯させながら描く。

 予告編は、「拝啓 乙坂鏡史郎様 私のこと覚えていますか?」「拝啓 遠野未咲様 君のことをどれくらい覚えているかと聞かれたら、それはまるで昨日のことのように、鮮明に覚えています」という裕里と鏡史郎のやりとりからスタート。そこから1992年夏の回想シーンが始まり、高校時代の裕里(森)、その姉・未咲(広瀬)、鏡史郎(神木)の淡い恋が浮かび上がってくる。

 「お姉ちゃんのふりをして手紙を書いていたらお姉ちゃんの人生がまだ続いているような気が、ちょっとしました」(裕里/松)「なかなか彼女の幻から抜け出せなくて……」(鏡史郎/福山)と、亡き未咲を巡る2人の痛切な思いが胸に迫る。

 広瀬、神木、福山、森いずれも岩井組は初参加。また、本作で広瀬と森は一人二役に挑戦。広瀬は未咲の高校時代と未咲の娘・遠野鮎美を、森が高校時代の裕里と裕里の娘・颯香を演じ分ける。(編集部・石井百合子)

本文はここま>
でです このページの先頭へ