ここから本文です

神尾楓珠×池田エライザW主演!ドラマ「左ききのエレン」10月スタート

シネマトゥデイ

2019年9月8日 (日) 10時00分 更新

2人の化学反応に期待! - (C) かっぴー・nifuni/集英社 (C) ドラマ「左ききのエレン」製作委員会・MBS

2人の化学反応に期待! - (C) かっぴー・nifuni/集英社 (C) ドラマ「左ききのエレン」製作委員会・MBS

シネマトゥデイ

 神尾楓珠と池田エライザがダブル主演を務めるドラマ「左ききのエレン」が、10月よりMBS/TBSドラマイズム枠にてスタートすることが明らかになった。

 リメイク版のコミックも発売されて話題を呼んでいる、かっぴーの同名コミックを原作とする本作。広告代理店を舞台に、クリエイターたちによるリアルな青春群像劇が描き出される。自らの才能の限界に苦しみながらも、いつか“何者か”になることを夢見る朝倉光一と、圧倒的な芸術的才能に恵まれながらも、天才ゆえの苦悩と孤独を抱える山岸エレン。そんな対照的な2人が敗北や挫折を通じて、その先にある“本当の自分”を発見するまでを追う。

 光一役を務める神尾は「3年A組-今から皆さんは、人質です-」などの話題作に出演し、本作が地上波初主演。一方のエレンを演じる池田は、女優として活躍するかたわら、2020年公開予定の映画『夏、至るころ』で監督デビューを果たすなど多才ぶりを発揮している。

 今回の発表を受けて、神尾は「この作品は『天才になれなかった全ての人へ』というキャッチコピーがありますが、僕自身もその中の一人なので、演じるうえでみなさんに何かを届けると同時に自分としても何かを見出せるように向き合いたいと思います」と意気込み。

 池田は「『左ききのエレン』はずっと追って読んでいます。登場する人物たちのセリフに何度も刺激を受けました。ぼーっと鈍感に生きているともったいないなあ。と思わせてくれる作品です。私自身も左利きということもあり、勝手ながら親近感を感じている作品です。天才エレンの苦悩は計り知れませんが、しっかりと向き合います。よろしくお願いします」とコメントを寄せている。

 理不尽で容赦ない現代社会で「自分は天才じゃないかもしれない」という誰しもが抱えるコンプレックスと、それでも自分を信じたいプライドとの間でもがく若者たちを瑞々しく描く本作。キャッチコピーにあるとおり、共感度の高い人間ドラマが期待できそうだ。

 監督を務めるのは「ボイス 110緊急指令室」などの後藤庸介。脚本を「監察医 朝顔」などの根本ノンジが担当する。(編集部・大内啓輔)

MBS/TBSドラマイズム「左ききのエレン」はMBSにて10月20日より毎週日曜24時50分~(初回は25時15分~)、TBSにて10月22日より毎週火曜25時28分~放送ほか

本文はここま>
でです このページの先頭へ