ここから本文です

続編タイトルは『嘘八百 京町ロワイヤル』ポスター&初本編映像公開

シネマトゥデイ

2019年9月10日 (火) 07時00分 更新

第1弾ポスタービジュアル - (C) 2020「嘘八百 京町ロワイヤル」製作委員会

第1弾ポスタービジュアル - (C) 2020「嘘八百 京町ロワイヤル」製作委員会

シネマトゥデイ

 中井貴一と佐々木蔵之介のダブル主演作『嘘八百』(2018年1月公開)の続編タイトルが『嘘八百 京町ロワイヤル』(2020年1月公開)に決まり、ポスタービジュアルと特報映像が公開された。

 『嘘八百 京町ロワイヤル』は、前作でも舞台となった大阪・堺に加え、古都・京都もまたにかけた騙し合いが繰り広げられるコメディー。相変わらずうだつの上がらない古物商の則夫(中井)が陶芸家の佐輔(佐々木)とコンビを再結成し、人助けのためにお宝大作戦を決行するも、やがて京都の街を巻き込んだ大騒動に発展していく。

 第1弾となるポスタービジュアルは、「お宝の都より愛を込めて」のキャッチコピーや「800」のタイトルロゴなど、世界的人気スパイシリーズを彷彿させるような仕上がりに。広末涼子がふんするヒロイン・志野の美しさも目を引く。

 また、本編初披露となる特報映像には、前作から引き続き出演する佐輔の妻・康子役の友近、則夫の娘・いまり役の森川葵や、新キャストの有名古美術店の店主・嵐山役の加藤雅也、人気の陶芸王子役の山田裕貴らも登場。父の形見である古田織部の幻の茶器「はたかけ」をだまし取られたと則夫のもとに志野が相談に来るところから始まり、その後の大騒動を予感させる映像となっている。(清水一)

本文はここま>
でです このページの先頭へ