ここから本文です

V6イノッチ&本上まなみ、映画『すみっコぐらし』ナレーションを担当

シネマトゥデイ

2019年9月18日 (水) 05時00分 更新

アニメ映画のナレーションは初挑戦。井ノ原快彦 - (C)2019 日本すみっコぐらし協会映画部

アニメ映画のナレーションは初挑戦。井ノ原快彦 - (C)2019 日本すみっコぐらし協会映画部

シネマトゥデイ

 V6の井ノ原快彦と女優の本上まなみが、11月8日公開の『映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』でナレーションを担当することが明らかになった。

 すみっコぐらしは、リラックマやたれぱんだなどで知られるサンエックス株式会社が2012年に発売した大人気キャラクター。まるくて柔らかなフォルムと、本作品ならではのストーリー展開で幅広い年齢層から愛され、「日本キャラクター大賞 2019」ではグランプリを受賞している。

 そんな大人気キャラが絵本の世界で冒険を繰り広げる今回の映画。井ノ原と本上は、すみっコたちの冒険を優しく見守る物語の語り部として登場する。井ノ原はアニメ映画のナレーション初挑戦となるが、「楽しい収録でした。まんきゅう監督とも息が合って、普段自分では使わないような声を引き出していただきました」と新たな挑戦を振り返っている。

 一方、絵本の語りを担当したという本上は「動いているすみっコちゃんの姿にわくわくしながら、楽しく収録しました。実は私も、子どものころからの“すみっこ派”。壁とタンス、壁とソファの隙間なんかにきゅきゅっと挟まりじーっとしていたので、よく家族に探されていましたっけ……。そのため彼らには、とても親しみを感じているのです」とキャラクターへの愛情をのぞかせた。

 あわせて、井ノ原の温かなナレーションが挿入された本予告映像が公開に。仕掛け絵本の中に吸い込まれたすみっコたちが、絵本の世界で迷子になっている新キャラクター「ひよこ?」と出会い、仲間を探す旅に出かける姿が愛らしく描かれている。(編集部・吉田唯)

コメント全文

■井ノ原快彦

今回アニメ映画のナレーションは初めてだったんですが、楽しい収録でした。まんきゅう監督とも息が合って、普段自分では使わないような声を引き出していただきました。

気になるキャラクターは、えびふらいのしっぽです。僕はいつも残さず食べるので、最後まで食べてほしいっていう願いを叶えてあげられるかなと思いました。

「こういうことってあるよなあ」とほんわかした気持ちになったり、時にはほろっとするような場面もあったり。家族揃って観て、感想を言い合えるような作品になっていると思います。

■本上まなみ

動いているすみっコちゃんの姿にわくわくしながら、楽しく収録しました。実は私も、子どものころからの“すみっこ派”。壁とタンス、壁とソファの隙間なんかにきゅきゅっと挟まりじーっとしていたので、よく家族に探されていましたっけ…。そのため彼らには、とても親しみを感じているのです。

今回は絵本の語りを担当しました。みなさんも読んだことのあるお話がきっとあるはず。すみっコたちは映画のなかでもすみっこにいるのかな? ひみつのコって誰だろう? ご家族やお友だちと一緒に楽しんでいただけたら嬉しいです。

本文はここま>
でです このページの先頭へ