ここから本文です

渡辺謙、米ドラマで『ベイビー・ドライバー』俳優と共演 製作総指揮も

シネマトゥデイ

2019年9月21日 (土) 10時12分 更新

アンセル・エルゴートと共に製作総指揮も務めるという渡辺謙 - Juan Naharro Gimenez / WireImage / Getty Images

アンセル・エルゴートと共に製作総指揮も務めるという渡辺謙 - Juan Naharro Gimenez / WireImage / Getty Images

シネマトゥデイ

 映画『ラスト サムライ』『インセプション』『GODZILLA ゴジラ』など、数々の話題作に出演してきた渡辺謙が、ワーナーメディアの動画配信サービス HBO Max の新作ドラマ「トウキョウ・バイス(原題) / Tokyo Vice」に出演すると、Deadlineほか複数メディアが報じた。

 本作は、読売新聞の記者だった米ジャーナリスト、ジェイク・エーデルスタインのノンフィクション本「トウキョウ・バイス:アメリカ人記者の警察回り体験記」を、全10話でドラマ化する作品。

 そのストーリーは、全国新聞初の外国人記者ジェイクが、ネオンに彩られた東京の裏社会を調査して、さまざまな闇の真相を暴いていくというもの。主人公のジェイクは『ベイビー・ドライバー』のアンセル・エルゴートが演じることになっており、Deadlineによると、渡辺はジェイクを導く警視庁の刑事カタギリ・ヒロトを演じ、エルゴートと共に製作総指揮も務めるという。

 監督はMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のアジア系ヒーロー映画『シャン・チー&ザ・レジェンド・オブ・ザ・テン・リングス(原題) / Shang-Chi and the Legend of the Ten Rings』でメガホンを取る予定のデスティン・ダニエル・クレットンが務め、トニー賞受賞劇「オスロ」の劇作家J・T・ロジャースが脚色を担当することになっている。(細木信宏/Nobuhiro hosoki)

本文はここま>
でです このページの先頭へ