ここから本文です

福原遥めちゃラブリー『羊とオオカミの恋と殺人』新映像

シネマトゥデイ

2019年10月9日 (水) 13時18分 更新

『羊とオオカミの恋と殺人』本ビジュアル - (C)2019「羊とオオカミの恋と殺人」製作委員会 (C)裸村/講談社

『羊とオオカミの恋と殺人』本ビジュアル - (C)2019「羊とオオカミの恋と殺人」製作委員会 (C)裸村/講談社

シネマトゥデイ

 杉野遥亮と福原遥がダブル主演を務めた映画『羊とオオカミの恋と殺人』(11月29日公開)より、福原が演じる清楚な殺人鬼の美少女・宮市莉央の魅力が詰まった、“ラブリー予告編”とされる「大好き 宮市さん編」というタイトルの映像が公開された。

 本作は人気漫画アプリ・マンガボックスで人気を誇った裸村のコミック「穴殺人」を、『ドクムシ』『女の子よ死体と踊れ』などの朝倉加葉子監督が実写映画化した作品。自殺願望があるニートの青年・黒須越郎(杉野)と、彼の美しい隣人で連続殺人鬼の宮市莉央(福原)の恋模様を描いている。

 今回公開されたラブリー予告編「大好き 宮市さん編」は黒須と宮市のラブラブなシーンから始まり、殺人シーンのあとには宮市が「返り血浴びてない?」と優しく確認する場面も。しかし、黒須が一緒にいた女性に対する「その人だれ?」の言葉では殺人鬼的な一面を宮市がちらつかせ、「殺そうとしました?」という黒須の質問には舌打ちで返している。

 あわせて公開された映画の本ビジュアルでは杉野が神妙な顔を見せ、血のついたカッターナイフを持った福原は微笑んでいる。「信じられないでしょうが、これはラブコメです。」というコピーが印象的だ。(編集部・海江田宗)

本文はここま>
でです このページの先頭へ