ここから本文です

『風の電話』特報にモトーラ世理奈、西島秀俊ら 故人と話す実在の電話ボックスがモチーフ

シネマトゥデイ

2019年10月18日 (金) 08時00分 更新

ポスタービジュアル - (C)2020 映画「風の電話」製作委員会

ポスタービジュアル - (C)2020 映画「風の電話」製作委員会

シネマトゥデイ

 東日本大震災以降、「天国とつながる電話」として3万人を超える人々が訪れる電話ボックスをモチーフにした映画『風の電話』(2020年1月24日公開)の特報が公開。広島から岩手の大槌町に向かうヒロイン(モトーラ世理奈)の道中を収めたもので、西島秀俊、三浦友和、西田敏行らの姿も見られる。

 映画のモチーフになった「風の電話」とは、2011年に岩手県大槌町在住のガーデンデザイナー・佐々木格さんが、死別した従兄弟ともう一度話したいという思いから自宅の庭に設置した電話ボックスのこと。放送中のドラマ「ブラック校則」(日本テレビ系)のヒロイン役も話題のモトーラが、震災ですべてを失った主人公ハルにふんする。メガホンをとるのは、フランスの名優ジャン=ピエール・レオを主演に迎えた日仏合作映画『ライオンは今夜死ぬ』(2017)も記憶に新しい諏訪敦彦。

 特報は、ハルと、彼女と行動を共にする森尾(西島)の会話に始まり、旅の途中でハルに影響を与える人物たち(三浦、西田)の姿が続く。三浦は、諏訪監督と『M/OTHER』(1999)以来のタッグ。福島の場面では、同県出身の西田が登場する。(編集部・石井百合子)

本文はここま>
でです このページの先頭へ