ここから本文です

宿敵モリアーティ“守谷”は一体誰が演じる!? 予想する視聴者も…「シャーロック」3話

cinemacafe.net

2019年10月21日 (月) 23時01分 更新

「シャーロック」第3話 (C) フジテレビ

「シャーロック」第3話 (C) フジテレビ

cinemacafe.net

世界中で知られる名探偵“シャーロックホームズ”を現代の東京を舞台にドラマ化する月9ドラマ「シャーロック」の3話が10月21日にオンエア。名前だけが登場した謎の存在“守谷”にモリアーティ教授を連想した視聴者が早速キャスティング予想を繰り広げている。

本作ではシャーロックにあたるフリーランスの犯罪コンサルタント・誉獅子雄をディーン・フジオカが、相棒のワトソンに当たる元精神科医の若宮潤一を岩田さんがそれぞれ演じるほか、レストレード警部にあたる警視庁刑事部捜査一課の警部・江藤礼二に佐々木蔵之介。江藤の部下の刑事・小暮クミコに山田真歩、獅子雄の情報屋・レオにゆうたろうといったキャスト。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

また獅子雄と若宮の元に江藤が訪ねてくる。江藤は身元不明の死体を見てきたと言い、つまらない事件だと話すが、現場が渋谷の空き家だと聞くと、獅子雄は空き家であったことに食らいつく。その現場は5年前、巨額の地面師詐欺の舞台になった邸宅で、事件後に詐欺被害に遭った建設会社の社長が邸宅で自殺したため空き家になっていた。遺体があった場所を検分するとダイイングメッセージらしきものが。

そこに小暮が死体の身元が割れたと報告に来る。死んだのは5年前の地面師詐欺犯人グループの1人だった。さらに捜査二課の市川利枝子(伊藤歩)たちが現れる…というのが今回の物語。

獅子雄は5年前の事件を担当した不動産屋の営業を味方につけ、新たな詐欺の契約現場に同行。さらに伊藤もグルだったというラストだった。

バイオリンを奏でながら推理する獅子雄…高層ビルをバックにバイオリンを弾くディーンさんの姿に「バイオリンターーーイム」「出たぞ、バイオリンタイム」「シャーロックを見る理由の9割がおディーンのバイオリン演奏を見るためになってきてしまった」「バイオリン弾くシーンで毎回ニヤケてしまう」といった反応が続々。

また今回も冒頭で死体を発見する2人組でお笑いコンビのトム・ブラウンが出演。「初手トムブラウンとか笑うわ」「初っ端からトム・ブラウン登場(笑)」などの声や、地面師グループの1人として山村紅葉が登場すると「やはり山村紅葉が犯人だったか」「山村紅葉の山村紅葉感すごい」といった声も。

そして今回捕まることなく逃げおおせた地面師グループのリーダー“守谷”という名前に「守谷→もりや→もりあ→モリアティー。そういうこと!?」「モリアーティ=守谷がホームズディーン様の最大の敵になるのかな」などホームズの宿敵・モリアーティを連想した視聴者も。

「誰がやるんだろう、それも楽しみになってきた」「年配のちょい悪親父って感じの俳優さんが良いなあ」とキャスティングに期待を寄せる声も多数上がっている。

本文はここま>
でです このページの先頭へ