ここから本文です
かつてのマドンナも悩める日々…かおり役の黒川智花 - (C) フジテレビ

かつてのマドンナも悩める日々…かおり役の黒川智花 - (C) フジテレビ

シネマトゥデイ

 国民的人気アニメ「サザエさん」の20年後をオリジナルストーリーで描くスペシャルドラマ「磯野家の人々~20年後のサザエさん~」(フジテレビ系)に、女優の黒川智花が31歳を迎えたかおり役で出演することが明らかになった。

 今年10月にアニメ放送50周年を迎えた「サザエさん」。アニメで描かれる世界から20年後を舞台にした本作では、それぞれに悩みを抱える磯野家の物語が展開していく。サザエ役を天海祐希が務めるほか、西島秀俊(マスオ役)、濱田岳(カツオ役)、松岡茉優(ワカメ役)、成田凌(タラオ役)、桜田ひより(ヒトデ役)、八嶋智人(ノリスケ役)など、豪華な面々が集結する。

 かもめ第三小学校でカツオたちのクラスのマドンナ的存在だったかおりは、アニメではカツオの恋心が描かれる際に登場することが多いキャラクター。20年が経ち、たまにカツオの洋食店で花子たちと集まっては近況報告をしており、同級生としての付き合いを続けている。

 しかし、読者モデルをやりながらオーディションを受け続け、厳しい現実にぶつかっているかおり。大学卒業後も夢を追い、結婚や出産、キャリアアップなど人生の過渡期を迎えている友人たちと自分を比べては不安に駆られることも。気心の知れた同級生たちの前でワインを飲み過ぎて弱音を吐くこともあるが、夢のためにチャレンジを続けている。

 出演にあたり、黒川は「愛らしい少女のかおりちゃんが、大人になってお酒を飲む姿は想像したことがありませんでしたが、長年の友人の前だからこそ見せられる表情があるのかなと思って演じました。皆々の20年後をお楽しみに」とコメント。

 また、ドラマ「3年B組金八先生」(第7シリーズ)で濱田と共演していたこともある黒川。「『金八先生』でクラスメートだった濱田岳くんと再会できて、懐かしさと嬉しさでいっぱいでした! 15年ぶりなので照れくささも(笑)。カツオくんとかおりちゃんのように、お互いすっかり大人になったねぇ、と2人で当時を振り返りました」と喜びを語っている。(編集部・大内啓輔)

スペシャルドラマ「磯野家の人々~20年後のサザエさん~」はフジテレビ系にて11月24日よる8時~9時54分放送

本文はここま>
でです このページの先頭へ