ここから本文です

『天空の城ラピュタ』最高の映像&音響でのスクリーン上映が決定!

シネマトゥデイ

2019年12月1日 (日) 12時00分 更新

『天空の城ラピュタ』ポスタービジュアル - (c) 1986 Studio Ghibli

『天空の城ラピュタ』ポスタービジュアル - (c) 1986 Studio Ghibli

シネマトゥデイ

 東京都・調布市で来春開催される映画祭「映画のまち調布 シネマフェスティバル2020」の特別企画として、1986年公開のスタジオジブリ制作映画『天空の城ラピュタ』(宮崎駿監督)のスクリーン上映が決定した。

 2020年2月29日~3月8日まで9日間にわたり、イオンシネマ・シアタス調布で上映。中でもスクリーン10(526席)は、幅約20メートルの大型スクリーンの高画質映像&体を包み込むような4ウェイ立体音響システム「ULTIRA(ウルティラ)」の組み合わせで、迫力満点の映像と臨場感あふれるサウンドを楽しめるシアターだ。空に浮かぶ伝説の島ラピュタと不思議な飛行石をめぐるこの冒険活劇ファンタジーをテレビでしか観たことのない世代にとっては特に、見逃すことのできない貴重な機会といえるだろう。

 今春開催された「映画のまち調布 シネマフェスティバル2019」ではスタジオジブリ作品『風の谷のナウシカ』を上映し、全席完売の回も出たほど。上映後には会場から大きな拍手が起こり、他のスタジオジブリ作品のスクリーン上映を期待する声も多く寄せられたことから、今回『天空の城ラピュタ』の上映が決まったという。(編集部・市川遥)

『天空の城ラピュタ』は2020年2月29日~3月8日までイオンシネマ・シアタス調布のスクリーン10ほかにて上映(全席指定)

【料金】大人、大学生1,100円/小学生~高校生1,000円/幼児900円

【チケット販売日時】2019年12月23日e席リザーブ0:15~、劇場窓口8:00~(購入方法はシアタス調布WEBサイトにて)

本文はここま>
でです このページの先頭へ