ここから本文です

神木隆之介&中村倫也が二人羽織リコーダー!『屍人荘の殺人』ほっこり映像

シネマトゥデイ

2020年1月7日 (火) 05時22分 更新

神木隆之介&中村倫也(写真は2019年12月に撮影)

神木隆之介&中村倫也(写真は2019年12月に撮影)

シネマトゥデイ

 公開中の映画『屍人荘の殺人』の公式SNSで、二人羽織でリコーダーの演奏に挑む神木隆之介と中村倫也の姿を捉えた映像が3日に公開された。

 今村昌弘の人気小説を基にした同作は、山奥のペンションで起こった連続殺人事件に立ち向かう大学生たちを描き出すミステリー作品。神木はミステリー愛好会に所属する主人公の葉村譲、中村はミステリー愛好会の先輩・明智恭介を演じている。

 今回映画公式Twitterなどで公開されたのは、公式サイトに掲載されている「ようこそ屍人荘へ」という企画のオフショットムービー。公式サイトでは神木と中村が二人羽織でハーモニカの演奏にチャレンジする姿が公開されていたが、今回の映像には神木がリコーダーを演奏できるよう後ろで奮闘する中村の姿が。

 劇中ではミステリー愛好会の“ホームズ”と“ワトソン”として息を合わせた二人だが、映像でも息ピッタリなやり取りを繰り広げ、最後には神木が「吹けた」と満面の笑みを浮かべる、なんとも微笑ましい様子が収められている。(湯田史代)

本文はここま>
でです このページの先頭へ