ここから本文です
【お知らせ】映画館の上映スケジュールについて、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響により、実際の上映時間と異なる可能性があります。ご不明な場合は、各劇場にお問い合わせくださいませ。

ガル・ギャドット、母国イスラエルの禁止図書の映画化をプロデュース

映画.com

2020年1月12日 (日) 19時30分 更新

ガル・ギャドット

ガル・ギャドット

写真:REX/アフロ

 [映画.com ニュース] イスラエル出身の女優ガル・ギャドット(「ワンダーウーマン」)が、新作映画「ボーダーライフ(原題)」のプロデューサーを務めることになったと、米バラエティが報じている。

 「ボーダーライフ(原題)」は、2014年にイスラエルの作家ドリット・ラビニャンがヘブライ語で出版した同名小説を映画化するもので、英語版はランダムハウスから「All The Rivers(原題)」として出版されている。ニューヨークを舞台に、イスラエル人女性とパレスチナ人男性の禁じられた愛を描いたロマンス小説で、15年に右派で知られるイスラエル教育相が同著を禁止図書に選定。だがこれがきっかけで、売り上げが延びた経緯がある。

 ギャドットは、今作を夫ヤロン・バルサノと立ち上げた制作会社パイロット・ウェーブを通じてプロデュース。イスラエルのメディア企業Keshet Internationalと共同で製作するという。

 なおギャドットは、ケネス・ブラナー監督によるアガサ・クリスティ原作第2弾「ナイル殺人事件(仮題)」が今年公開予定。ドウェイン・ジョンソン主演の「Red Notice(原題)」の撮影も控えている。大ヒット映画「ワンダーウーマン」の待望の続編、「ワンダーウーマン1984」は、6月から公開予定。

本文はここま>
でです このページの先頭へ