ここから本文です
【お知らせ】映画館の上映スケジュールについて、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響により、実際の上映時間と異なる可能性があります。ご不明な場合は、各劇場にお問い合わせくださいませ。

「ジョジョ・ラビット」ローマン・グリフィン・デイビス、マシュー・ボーン製作クリスマス映画に出演

映画.com

2020年1月27日 (月) 11時00分 更新

ローマン・グリフィン・デイビス

ローマン・グリフィン・デイビス

Photo by: Kevork Djansezian/NBC/NBCU Photo Bank via Getty Images

 [映画.com ニュース] クリスマスをテーマにした新作コメディ映画「Silent Night(原題)」に、キーラ・ナイトレイ、ローマン・グリフィン・デイビス、マシュー・グード、アナベル・ウォーリスが出演することがわかった。

 米Deadlineによれば、プロットの詳細は不明だが、クリスマスの食事会のため郊外の家に集まった家族・親族を描くとのこと。大ヒット映画「ジョジョ・ラビット」でブレイクした子役ローマンの母親カミール・グリフィンが、自身のオリジナル脚本をもとに長編初メガホンをとる。

 これまで5本の短編映画の監督・脚本を手がけているカミールは、撮影監督ダリウス・コンジ(「エヴァの告白」「愛、アムール」)やベン・デイビス(「キャプテン・マーベル」「スリー・ビルボード」)と組みキャメラ部門でキャリアを築いてきた。

 新作「Silent Night(原題)」は、カミールの脚本に心を奪われたというマシュー・ボーン(「キングスマン」シリーズ)が、トルーディ・スタイラー、セリーヌ・ラトレイとともにプロデュース。2月17日から撮影がスタートする。

本文はここま>
でです このページの先頭へ