ここから本文です
【お知らせ】映画館の上映スケジュールについて、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響により、実際の上映時間と異なる可能性があります。ご不明な場合は、各劇場にお問い合わせくださいませ。

広末涼子、毎朝3時にコソ練 完璧な中井貴一&佐々木蔵之介コンビにプレッシャー

シネマトゥデイ

2020年1月31日 (金) 22時19分 更新

実力派ぞろい! 『嘘八百 京町ロワイヤル』の佐々木蔵之介、中井貴一、広末涼子

実力派ぞろい! 『嘘八百 京町ロワイヤル』の佐々木蔵之介、中井貴一、広末涼子

シネマトゥデイ

 女優の広末涼子が31日、都内で行われた、中井貴一と佐々木蔵之介が主演を務める映画『嘘八百 京町ロワイヤル』初日舞台あいさつに登壇し、主演二人の圧巻の演技にプレッシャーを感じ、撮影中は早朝から一人で“こそこそ”練習をしてから現場に向かっていたことを打ち明けた。この日は、中井、佐々木、広末のほか、友近、坂田利夫、加藤雅也、武正晴監督も出席した。

 本作は、さえない古物商・則夫(中井)と陶芸家・佐輔(佐々木)のコンビが、幻の茶器をめぐってだまし合いを繰り広げた映画『嘘八百』の続編。京都で出会った着物美人(広末)にほだされた二人が、幻の茶器にまつわる人助けに乗り出すさまを描き出す。

 則夫が口、佐輔が手(作陶)で相手をだます本作。中井は「セリフが多いのはやむを得ないと思ったけど多すぎる気がして。なんで蔵之介はこんなにしゃべらないんだろうと、時々思ったりしました」と恨み節を交えながら、「せりふが多い」と観客に思わせない芝居に専念したことを明かし、「いい脳トレになったと思います」と満足そうな表情を見せた。

 一方、蹴ろくろを使った陶芸に挑戦した佐々木は、監督から「絶対に代役は立てない」と言われたことを打ち明け、「電動ろくろではなくて自分の足で蹴って(ろくろを回して)、指先は繊細に、というのはなかなかの課題でした」と苦労を告白。全身が筋肉痛になるほどだったが「役者はMっ気があるんでしょうね。(何かを)課せられると、半分は喜びみたいな気持ちでやっていました」とも語り、充実ぶりをうかがわせた。

 そんな二人と共演し、武組に初参加となった広末は、スピーディーな現場に驚いた様子。続編ということもあり、中井と佐々木のコンビネーションは抜群で、本読みの段階から、圧巻のパフォーマンスを見せられたという広末は、「聞き入っちゃうと同時に、この間に飛び込むのかぁというプレッシャーがありました」と振り返った。

 さらに撮影初日、軽くリハーサルをすると思い込んでいたが、いきなりテストから本番と続く現場に「練習したり、悩んだり、考えたりする暇もない連日で驚きました。毎日舞台に立っているようでした」と目を丸くすると、25年の女優人生を振り返りながら、「久しぶりに毎朝3時に起きて、一人で“こそ練”して現場に行っていました」と告白。さらに、中井と佐々木はまったくNGを出さないため、広末は「ちょっとは出してほしいと思うくらいプレッシャーがすごかったです」とはにかみながら抗議してみせ、会場の笑いを誘っていた。(取材:錦怜那)

映画『嘘八百 京町ロワイヤル』は全国公開中

本文はここま>
でです このページの先頭へ