ここから本文です
【お知らせ】映画館の上映スケジュールについて、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響により、実際の上映時間と異なる可能性があります。ご不明な場合は、各劇場にお問い合わせくださいませ。

吉沢亮、泥酔してオタクに馬乗り!?『一度死んでみた』衝撃映像

シネマトゥデイ

2020年2月1日 (土) 17時00分 更新

お誕生日おめでとうございます! - (C) 2020 松竹 フジテレビジョン

お誕生日おめでとうございます! - (C) 2020 松竹 フジテレビジョン

シネマトゥデイ

 2月1日の吉沢亮の26歳の誕生日にあわせて、映画『一度死んでみた』(3月20日公開)から吉沢演じる松岡の泥酔シーンを収めた本編映像が公開された。

 広瀬すずが主演を務める本作は、「一度死んでくれ!」と大嫌いな父親への不満をライブでシャウトする日々を送る売れないデスメタルバンドのボーカル・七瀬(広瀬)が、2日だけ死んでしまうという薬を飲んで仮死状態になった父親・計(堤真一)を火葬の危機から救うために立ち上がる姿を描き出す。

 吉沢は、七瀬とともに計を救おうと奮闘する松岡役を担当。存在感が無さすぎて“ゴースト社員”と呼ばれている松岡は計から七瀬の動向を見張る仕事を任されており、七瀬のライブへ足を運ぶのだが、そこで七瀬が所属するデスメタルバンドのオタク(加藤諒)たちに絡まれてしまう。

 公開された映像は、お酒が飲めないという松岡にオタクたちがお酒を勧めるシーンを切り取ったもので、普段ボソボソ話す松岡がお酒を飲んだ途端に豹変するという衝撃の展開が映し出される。オタクの一人に馬乗りになるだけでは足りず、なぜか周囲の客まで土下座させ、ジョッキを掲げて「集合かけたら5分で来い!」とシャウトする松岡。“国宝級イケメン”吉沢の振り切った芝居と、完全に気圧されたオタクたちのコミカルな掛け合いが笑いを生み出している。(編集部・吉田唯)

本文はここま>
でです このページの先頭へ