ここから本文です
【お知らせ】映画館の上映スケジュールについて、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響により、実際の上映時間と異なる可能性があります。ご不明な場合は、各劇場にお問い合わせくださいませ。

謎の巨大飛行体…『猿の惑星』監督の新作SF、イケてるガジェット続々

シネマトゥデイ

2020年2月3日 (月) 14時00分 更新

ポスタービジュアル - (C) 2018 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC. All Rights Reserved.

ポスタービジュアル - (C) 2018 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC. All Rights Reserved.

シネマトゥデイ

 『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』のルパート・ワイアット監督による新作SF映画『囚われた国家』(4月3日公開)の予告編とポスタービジュアル、劇中カット3点が公開された。

 本作は、地球外生命体による侵略から9年たった2027年のシカゴを舞台に、レジスタンスたちの徹底抗戦を描く近未来SFサスペンス。米政府は「統治者」と呼ばれるエイリアンの管理下に置かれており、全市民にはGPSが埋め込まれ、死ぬまで監視&ルールを無視したものは地球外に追放されるという囚われた国家。荒廃する街で市民の貧富の差が拡大する中、自由を取り戻すために密かに結成されたレジスタンス・グループが、市内スタジアムで行われる統治者による団結集会への爆弾テロを計画する。

 予告編は、ミシガン湖に浮かぶ謎の巨大飛行体に、統治者が定めたルールに違反した大量の人々が乗せられ、秘密裏に地球外へと追放される様子をなす術もなく見つめる青年・ガブリエル(アシュトン・サンダース)の姿からスタート。エイリアンの完全支配下で「彼らのおかげでアメリカは<再生>した!」と声高に謳われる一方で、ガブリエルの兄は「政府が言ってることは全部嘘だ」と実情を訴える。シカゴ警察特捜司令官マリガン(ジョン・グッドマン)は、いち早くレジスタンスたちを捕えようと躍起に。未知の敵・統治者に挑もうとするレジスタンスたちの決死の覚悟を感じる緊迫した映像で、随所にガジェットのカッコ良さを感じ、“目の保養”にもなる。(編集部・小松芙未)

本文はここま>
でです このページの先頭へ