ここから本文です
【お知らせ】映画館の上映スケジュールについて、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響により、実際の上映時間と異なる可能性があります。ご不明な場合は、各劇場にお問い合わせくださいませ。

安達祐実、本人役で10年ぶり連ドラ主演 捨てられないモノたちを擬人化したシュールな世界観

シネマトゥデイ

2020年2月13日 (木) 06時00分 更新

「捨ててよ、安達さん。」より - (C)「捨ててよ、安達さん。」製作委員会

「捨ててよ、安達さん。」より - (C)「捨ててよ、安達さん。」製作委員会

シネマトゥデイ

 女優の安達祐実が、テレビ東京の4月クールドラマ「捨ててよ、安達さん。」(4月17日スタート、毎週金曜深夜0時52分~)で約10年ぶりに地上波連続ドラマの主演を務めることが13日、同局より発表された。各話、擬人化された捨てられないモノが主人公の夢の中に現れ、自分を捨ててほしいと名乗り出るシュールな物語で、安達は本人役として出演。モノを演じるゲストに、臼田あさ美、梶原ひかり、片桐はいり、加藤諒、貫地谷しほり、北村匠海、早織、じろう(シソンヌ)、徳永えり、戸塚純貴、松本まりか、YOU、渡辺大知ら。

 プロデューサーの漆間宏一いわく、自分の捨てられないモノが擬人化して現れ「私のこと、捨ててよ」って言ってきたら面白いかな? というちょっとしたアイデアから生まれたという本作。安達(安達)が女性誌の編集長から「手放して心地よく暮らすひと。」をテーマに“毎号私物を一つ捨てる”という連載企画の相談を持ちかけられたことから、夢の中に謎の少女と擬人化されたモノたちが登場。安達のリアルとフィクションが入り混じった物語が展開するという。

 今年デビュー36周年を迎える安達にとって地上波連ドラ主演を務めるのは、2010年4月クールの「娼婦と淑女」(東海テレビ・フジテレビ系)以来、10年ぶり。本人役として出演する安達は、「自分の役を演じるという、なかなか巡り合えない、おそらく最初で最後の機会をいただき、嬉しく思っています。物語はフィクションですが、どこが私の素に近く、どこが演じている部分なのか、曖昧な狭間をたのしんでいただけたらと思います」とコメント。

 謎の少女に、朝ドラ「とと姉ちゃん」(2016)でヒロインの幼少期を演じた川上凛子。監督に、映画『勝手にふるえてろ』(2017)などの大九明子らが名を連ねる。(編集部・石井百合子)

ドラマ25「捨ててよ、安達さん。」は4月17日より毎週金曜深夜0時52分~1時23分、テレビ東京テレビ大阪ほかで放送

本文はここま>
でです このページの先頭へ