ここから本文です
【お知らせ】映画館の上映スケジュールについて、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響により、実際の上映時間と異なる可能性があります。ご不明な場合は、各劇場にお問い合わせくださいませ。

吉沢亮『一度死んでみた』チョコ甘な場面写真!

シネマトゥデイ

2020年2月14日 (金) 08時32分 更新

甘いよ~ - (C) 2020 松竹 フジテレビジョン

甘いよ~ - (C) 2020 松竹 フジテレビジョン

シネマトゥデイ

 14日がバレンタインデーであることにあわせて、広瀬すずが主演を務めるコメディー映画『一度死んでみた』(3月20日公開)より、チョコレートのように甘い吉沢亮の場面写真が公開された。

 同作は、特殊な薬を飲んで一度死んでみてしまった父・計(堤真一)と、彼のことを鬼のように嫌う“反抗期こじらせ女子”の大学生・七瀬(広瀬)が巻き起こす騒動を描いている。吉沢演じる松岡は計が社長を務める製薬会社の社員で、騒動の中心で七瀬とともに仮死状態になった計を救おうと奮闘する。

 松岡はメガネをかけ、存在感ゼロのゴースト社員というキャラクターなのだが、女性ファッション誌「ViVi」の2018年下半期「NOW国宝級」部門トップに輝いた吉沢のイケメンぶりは健在。NHKの連続テレビ小説「なつぞら」で共演していた広瀬と吉沢の本作での共演シーンでも、チョコレートのように甘いマスクの吉沢が存在感を発揮する。

 メガホンを取ったのはauのCM「三太郎」シリーズなどを手がけてきた浜崎慎治監督。リリー・フランキー、小澤征悦、嶋田久作、木村多江、松田翔太など豪華なメンバーが集結している。(編集部・海江田宗)

本文はここま>
でです このページの先頭へ