ここから本文です
【お知らせ】映画館の上映スケジュールについて、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響により、実際の上映時間と異なる可能性があります。ご不明な場合は、各劇場にお問い合わせくださいませ。

大泉洋、過剰な番宣を疑問視「これ意味あるのかな」「お腹いっぱいに」

映画.com

2020年2月15日 (土) 13時21分 更新

舞台挨拶に立った大泉洋と小池栄子

舞台挨拶に立った大泉洋と小池栄子

映画.com

 [映画.com ニュース] 俳優の大泉洋が2月15日、東京・有楽町の丸の内ピカデリーで行われた主演作「グッドバイ 嘘からはじまる人生喜劇」の公開記念舞台挨拶に登壇した。主演作が公開されるたび、バラエティ番組に出演し映画を宣伝する“番宣”について「ここ5、6年ずっと悩んでいるんですけれど、これ意味あるのかなって(笑)。出過ぎちゃうと、お腹いっぱいになっちゃうし」と過剰な露出を疑問視した。

 今回も数々の番組に出演し、映画をアピールしたが「見ている人も『劇場に行かなくていいか』ってなりかねない。映画が見たいって思ってもらえる、もう少しいい宣伝があるんじゃないかな」と提言。一方で「苦渋の選択。番宣は難しんですよ」と理解も示し、駆けつけたファンに向けて「皆さんはただのお客さんじゃない。我々の仲間なので、死ぬ気で宣伝していただければ! ノルマは1人10人にメール」とクチコミの重要性を訴えた。

 太宰治の未完の遺作「グッド・バイ」をベースに、ケラリーノ・サンドロヴィッチが戯曲化・演出した舞台を映画化。戦後の復興期、複数の愛人を抱える文芸雑誌の編集長・田島周二(大泉)は、関係を清算するため、ガサツで金にがめつい担ぎ屋・キヌ子に“嘘”の女房を演じてくれと頼み込む。2月14日に全国152スクリーンで封切られた。

 舞台挨拶には大泉をはじめ、舞台に続きキヌ子を演じた小池栄子、共演する水川あさみ、橋本愛、緒川たまき、木村多江、濱田岳、松重豊、成島出監督が登壇。小池は、映画の番宣について「友人から番組は楽しかったけど、おしゃべりばかり印象に残って、内容が伝わらなかったって(笑)。マイナス効果になっていないか心配」と話していた。

 映画にちなみ、“嘘”が話題にあがると大泉は、「昔、カーリングができるって嘘ついて、『シムソンズ』っていう映画に出た」と告白。同作はカーリングが題材だが「いざ、撮影が始まる頃に『大泉さん、カーリング得意なんですよね?』って言われて。嘘ついたの半年以上前だったから忘れてて『えっ、できないです』って(笑)」と明かし、会場を盛り上げた。

本文はここま>
でです このページの先頭へ