ここから本文です

松田龍平、「影裏」撮影ではしゃぎ熱中症になり自戒「自然はなめちゃいけない」

映画.com

2020年2月15日 (土) 14時42分 更新

舞台挨拶に登壇した(左から)筒井真理子、綾野剛、松田龍平、大友啓史監督

舞台挨拶に登壇した(左から)筒井真理子、綾野剛、松田龍平、大友啓史監督

映画.com

 [映画.com ニュース] 俳優の綾野剛と松田龍平が2月15日、映画「影裏」の公開記念舞台挨拶を共演の筒井真理子、大友啓史監督ともに東京・新宿バルト9で行った。

 沼田真佑氏の芥川賞受賞小説の映画化で、突然姿を消した親友の謎に迫るミステリー。綾野は、「情報過多が当たり前の世の中で、それを限りなく削いでいく作品。純文学を読んできた中で、感じた心のひだの数がここまで多いのは初めて。文学の映像化に成功したまれな作品だと思う」と自信のほどを語った。

 一方の松田は、2人での釣りのシーンを振り返り「撮影が楽しくて、はしゃぎすぎて熱中症になってしまった」と告白。「へっちゃらだいと思って、少しくらい焼けてもいいくらいの気持ちだったけれど、逆に真っ白になった。やっぱり自然はなめちゃいけない。準備をして楽しまなきゃいけないですね」と自戒の念を込めた。

 故郷の盛岡で撮影をした大友監督は、「(東日本大)震災を挟んだ話なので、突然愛する人がいなくなったらどういう思いになるか。これはどんな人にも当てはまる。そこを上手に深く受け止めていただけるとありがたい」と強調。筒井は、「綾野くんがどんどんプリティになっていくし、龍平くんもひょうひょうとしていて、いろんな意味で幸せな撮影でした」とほおを紅潮させた。

 だが、さんさ踊りのシーンでは「私は東京でものすごく練習してからいったのに、2人はあまりにへなちょこだった」と暴露。綾野は、「2人に明確に共通しているのは、ダンスが下手なこと。あれは脚本にはなく、突然入ってきたんです」、松田も「気持ちで踊れるかなと思っていたけれど、テクニックも必要だった」と弁明していた。

本文はここま>
でです このページの先頭へ