ここから本文です

松雪泰子×黒木華『甘いお酒でうがい』場面写真解禁 4.10公開決定

クランクイン!

2020年2月21日 (金) 11時00分 更新

映画『甘いお酒でうがい』メインカット

映画『甘いお酒でうがい』メインカット

(C)2019 吉本興業

 女優の松雪泰子が主演を務める映画『甘いお酒でうがい』の公開日が4月10日に決定。併せて、本作の世界観が伝わってくる場面写真が解禁された。

 本作は、お笑い芸人のじろう(シソンヌ)の同名小説を、じろうが脚本も手掛けて映画化。じろうが長年コントで演じてきた架空のOL・川嶋佳子を主人公に、40代独身女性の悲哀とおかしみを含んだ何気ない日常の姿がつづられていく。映画主演は11年ぶりとなる松雪が主人公の佳子を務める。監督は『勝手にふるえてろ』『美人が婚活してみたら』の大九明子。

 とある会社で派遣社員として働く40代独身女性・川嶋佳子(松雪)は毎日日記をつけていた。撤去された自転車との再会を喜んだり、変化を求めて逆方向の電車に乗ったり、踏切の向こう側に思いをはせたり、亡き母の面影を追い求めたり。唯一の幸せは、会社の同僚である年下の若林ちゃん(黒木華)と過ごす時間。そんな佳子に小さな変化が訪れる。それは、二回り年下の岡本くん(清水尋也)との恋の始まりだった…。

 解禁された場面写真は、まさに“甘いお酒でうがい”するかのような川嶋佳子や、世代を越えた親友のような佳子と若林ちゃん、年下男子・岡本くんとの恋愛展開が気になるカットなど。

 公開日決定にあたり、主演の松雪は本作について「じろうさんの独特な視点と大九監督のリズムが合わさった“佳子ワールド”、じろうさんの紡ぐ佳子の言葉は、不思議な心地よさを感じるユーモアと40代の女性が持つ孤独と悲哀が、優しいリズムで、日記として語られていきます」と解説。

 大九監督は「お母さんでも、奥さんでもない、大人の女性を主人公にした映画を撮りたいと思っていたところ、じろうさんがしたためた美しい日記文学を知り、何も起こらない40代女性の日常を映画にしたっていいでしょ別に、という心持ちで映画にしました」としている。

 映画『甘いお酒でうがい』は4月10日より全国公開。

本文はここま>
でです このページの先頭へ