ここから本文です

広瀬すず&吉沢亮の名コンビぶり『一度死んでみた』“大根芝居”の本編映像

シネマトゥデイ

2020年3月5日 (木) 18時00分 更新

広瀬すず、うますぎる渾身の大根芝居!メガネ姿の吉沢亮が見つめている - (C) 2020 松竹 フジテレビジョン

広瀬すず、うますぎる渾身の大根芝居!メガネ姿の吉沢亮が見つめている - (C) 2020 松竹 フジテレビジョン

シネマトゥデイ

 20日に公開を控える映画『一度死んでみた』より、広瀬すずと吉沢亮のコンビネーションが光る本編映像が公開された。

 広瀬が主演を務めた本作は父親に対する激しすぎる反抗期を続ける女子大生の七瀬(広瀬)が、父・計(堤真一)が実験で「2日だけ死んじゃう薬」を飲んだことにより騒動に巻き込まれていくコメディー作品。吉沢は計が経営する野畑製薬の社員で、七瀬とともに計を救おうと奮闘する松岡役を担当している。

 2019年度前期放送のNHK連続テレビ小説「なつぞら」でもヒロインの奥原なつ、なつの人生に大きな影響を与える山田天陽として共演していた広瀬と吉沢。この度公開された映像では、七瀬と松岡が計のピンチを救うために泣き真似の作戦を実行する。

 作戦実行前には松岡が「君、演技できる?」と数々の作品で主演を務める広瀬演じる七瀬に質問し、七瀬は「めちゃめちゃ……」とためたあとに「うまいわよ」と自信満々に答える。しかし、いざ七瀬が泣き真似を披露すると、松岡が「最低の演技だ……」と呆れてしまうほど下手な泣き真似になってしまう。

 そんな「うますぎる渾身の大根芝居」を広瀬が見せる今作は『犬と私の10の約束』『ジャッジ!』などの澤本嘉光がオリジナル脚本を手がけ、auのCM「三太郎」シリーズなどの浜崎慎治監督がメガホンを取っている。(編集部・海江田宗)

本文はここま>
でです このページの先頭へ