ここから本文です

本郷奏多が妖怪・天の邪鬼に!岡田健史の初時代劇「大江戸もののけ物語」

シネマトゥデイ

2020年3月13日 (金) 20時05分 更新

本郷奏多と岡田健史 - 提供:NHK

本郷奏多と岡田健史 - 提供:NHK

シネマトゥデイ

 俳優の岡田健史と本郷奏多がドラマ「大江戸もののけ物語」(NHK BS プレミアム、7月17日~)で共演を果たすことが明らかになった。

 主演の岡田が演じるのは、気は弱いが心は優しい旗本の二男坊で、寺子屋で教える主人公の新海一馬。ドラマ「中学聖日記」をきっかけに注目を浴びる岡田が今回、初の時代劇に挑む。そして、大河ドラマ「麒麟がくる」にも出演する本郷が、一馬との交流を通じて自身の運命に立ち向かう妖怪・天の邪鬼役を務める。

 わんぱくな子どもたちに手を焼きながらも、気が強くおてんばなお雛に助けられて寺子屋稼業の毎日を送る一馬。ある日、不思議なまが玉に触れた2人の前に突如、天の邪鬼が現れる。肝を冷やす一馬だが、お雛が「死んだ母に会って、ひと言謝りたい」と明かし、一馬はその願いを叶えるべく天の邪鬼ら妖怪たちと行動することになる。

 岡田は「初めての時代劇ということで戸惑うこともたくさんありましたが、素敵なキャストの方々と、頼もしいスタッフの皆様のおかげで乗り越えることができました。この物語には妖怪が出てくるのですが、ある意味今までの時代劇にはなかった表現の仕方に挑戦しているので、そこに注目していただけると幸いです。ぜひご覧ください」とコメント。

 監督は『愛唄 -約束のナクヒト-』『L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』などの川村泰祐。妖怪監修を妖怪研究家として名高い荒俣宏が担当する。お馴染みの妖怪から新しい妖怪までが登場する新しいスタイルの時代劇に仕上がっているという。(編集部・大内啓輔)

ドラマ「大江戸もののけ物語」は7月17日より NHK BS プレミアムにて毎週金曜よる8時~8時59分放送(連続5回)

本文はここま>
でです このページの先頭へ