ここから本文です

木村拓哉、約2年ぶり「BG」メンバーと集結 「安定感がすごい」

シネマトゥデイ

2020年3月18日 (水) 06時00分 更新

「BG~身辺警護人~」より

「BG~身辺警護人~」より

シネマトゥデイ

 木村拓哉主演の4月期ドラマ「BG~身辺警護人~」(テレビ朝日系・4月16日スタート、毎週木曜夜9時~9時54分)の撮影現場で、前作の主要メンバーだった木村、斎藤工、菜々緒、間宮祥太朗が約2年ぶりに集結。木村は「前作から時間は経っていますけど、関係性は今まで通り。安定感がすごいです!」と撮影を振り返った。

 本作は、2018年1月クールに放送された、木村演じる島崎章ら民間ボディーガードの活躍を描くドラマの第2弾。島崎らは勤務していた「日ノ出警備保障」がIT系総合企業「KICKS CORP.(キックスコーポレーション)」に買収され、今は「KICKSガード」身辺警護課の所属となっていた。

 この日撮影したのは第1話の冒頭、島崎が「日ノ出警備保障」時代からの仲間である高梨雅也(斎藤)、菅沼まゆ(菜々緒)、沢口正太郎(間宮)らと共に、与党議員の後援会パーティーの警護に当たるシーン。会場内で怪しい人物を発見した彼らは、あうんの呼吸ですぐさま対応に乗り出すが、ピンチに陥った沢口を助けようとした島崎の腕に、ワインオープナーが刺さってしまう……というもの。

 緊迫感あふれるシーンだったが、本番を経て監督のOKが出た瞬間、現場は和やかな雰囲気に。4人で仲良く並び、撮り終えたばかりの映像をモニターでチェックしていたという。

 第2弾では、利益優先の社の方針に疑問を呈し、私設ボディーガードに転身した島崎の「個人VS.組織」の物語が展開。「日ノ出警備保障」時代からのメンバーに加え、市川実日子、勝村政信、仲村トオルが出演。市川は、身辺警護課の契約担当医・笠松多佳子(かさまつ・たかこ)、勝村は身辺警護課の前課長・村田五郎(上川隆也)の後任・小俣健三(おまた・けんぞう)、仲村は「日ノ出警備保障」を買収したIT系総合企業「KICKS CORP.」の社長・劉光明(りゅう・こうめい)にふんする。(編集部・石井百合子)

本文はここま>
でです このページの先頭へ