ここから本文です

ショートショートフィルムフェスティバル2020、6月4日に開幕! ポン・ジュノの短編映画も特別上映

映画.com

2020年3月30日 (月) 15時00分 更新

WEBのオンライン会場も5月27日にオープンし、作品が配信される

WEBのオンライン会場も5月27日にオープンし、作品が配信される

映画.com

 [映画.com ニュース] 米アカデミー賞が公認するアジア最大級の国際短編映画祭「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア(SSFF & ASIA)2020」が、6月4~14日に東京で開催されることがわかった。WEBではオンライン会場を設置し、開催に先駆けて5月27日から配信をスタート。あわせて、第92回アカデミー賞で作品賞を含む最多4冠を獲得した「パラサイト 半地下の家族」のポン・ジュノ監督のショートフィルムが特別上映される。

 22年目を迎える「SSFF & ASIA」の今年のテーマは、「ボーダレス」。人種、国、貧富、ジェンダー、製作技術などの「ボーダー」を越え、112の国と地域から集まった作品の中で、厳正な審査で選ばれた約200作品を無料で上映、配信する(一部有料イベントもあり)。さらに、新たに「テクノロジーに裏打ちされたクリエイティブエンタテインメントカンパニー」というコンセプトを掲げるソニー株式会社が参戦し、オフィシャルコンペティションをサポート。翌年のアカデミー賞短編実写映画部門への推薦につながる「インターナショナル部門」「アジアインターナショナル部門」「ジャパン部門」が設けられている。これまで、本映画祭で賞に輝いた「リッチーとの一日」「合唱」「向かいの窓」などが、オスカーを獲得した。

 特別上映作品に決定したポン監督の「支離滅裂(英題:Incoherence)」は、1994年に製作された約30分のショートフィルム。毎朝ジョギングのたびに牛乳を盗む編集記者、酔って路上で立ち小便しようとしたところを警備員に捕まった検察官、ポルノ雑誌を読むのが好きな大学教授――奇妙な3人が、社会問題を討論するテレビ番組の出演者として顔を合わせるというストーリーだ。

 映画祭の代表である別所哲也は、「今年のテーマを『ボーダレス』とした我々の映画祭は、世界から集まったショートフィルムを通じて、今を生きる人間だからこその様々な視点や価値観の発信、また、進化し続ける技術が可能にする、表現の多様性を体感できる場にしたいと思っています」と思いを明かす。そして、「東京、そしてオンラインで日本全国の方々とショートフィルムによって感動をわかちあえるのを楽しみにしています。そしてその熱量がボーダーを超えて、日本と世界のミライにつながっていきますように!」と願いをこめた。

 フェスティバルアンバサダーを務めるのは、昨年に引き続き、映画コメンテーターのLiLiCo。「クリエーターのアイデアはエンドレスですし、普段触れ合えることのない国と地域の作品からも文化や香りを、短い時間ではありますが感じ取ることが出来ます。これはショートフィルムならでは! 今年はどんな作品に出会えるのか、1年で一番萌えるとき。みんな一緒にスパークしましょう」とメッセージを伝えた。

「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア(SSFF & ASIA)2020」は、6月4~14日に都内の複数会場で開催。オンライン会場では、5月27日~6月14日に配信が実施される。プログラムやイベントなどの詳細は、4月中旬以降に公式サイト(https://www.shortshorts.org/)で発表される。

本文はここま>
でです このページの先頭へ