ここから本文です

アレサ・フランクリン伝記映画は賞レース狙いのクリスマス公開へ

映画.com

2020年4月6日 (月) 15時30分 更新

アレサ・フランクリン

アレサ・フランクリン

Photo by Dimitrios Kambouris/Getty Images

 [映画.com ニュース]2018年8月に死去した米歌手アレサ・フランクリンさんを描く、米MGM製作、ジェニファー・ハドソン主演の映画「Respect(原題)」が今年クリスマスからアメリカで限定公開されることがわかった。

 米Deadlineによれば、当初10月9日に全米公開の予定だったが、作品の仕上がりについて前評判が高く、MGMはアカデミー賞レース参戦を狙いアメリカ国内で12月25日から限定公開、2021年1月8日から拡大公開、15日から全米公開することを決定したという。賞レースに絡む作品は秋頃から公開されていくが、「アメリカン・スナイパー」や「ドリーム」「1917 命をかけた伝令」などホリデーシーズンの最後に公開されて強い印象を残す作品もある。

 「Respect(原題)」は、黒人女性として初めてトニー賞演劇監督賞にノミネートされた南アフリカ出身のリースル・トミーが監督を務める。生前にフランクリンさんが指名していた、「ドリームガールズ」のオスカー女優ハドソンが主演。父が牧師を務める教会でゴスペルグループに所属していたフランクリンさんの幼少時代から、“ソウルの女王”として世界的に成功を収めるまでのキャリアと、公民権運動のアクティビストとしての姿を描く。ほかに、フォレスト・ウィテカー、マーロン・ウェイアンズ、メアリー・J・ブライジ、ティトゥス・バージェスが共演する。

本文はここま>
でです このページの先頭へ