ここから本文です

大島優子、石井裕也監督『生きちゃった』に出演!

シネマトゥデイ

2020年5月14日 (木) 18時00分 更新

重く苦しい役に挑んだ大島優子 - (C)B2B, A LOVE SUPREME & COPYRIGHT @HEAVEN PICTURES All Rights Reserved

重く苦しい役に挑んだ大島優子 - (C)B2B, A LOVE SUPREME & COPYRIGHT @HEAVEN PICTURES All Rights Reserved

シネマトゥデイ

 大島優子が『舟を編む』『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』などの石井裕也監督がメガホンを取る新作映画『生きちゃった』(今秋公開)に出演することが発表された。大島は「この作品を通じて、役に“裸”で向き合うことの大切さを学びました」とコメントを発表している。

 本作は石井監督がオリジナル脚本で挑む作品で、仲野太賀が主人公・山田厚久を、若葉竜也が厚久と幼なじみの武田を演じる。大島は同じく幼なじみで厚久と結婚して5歳の娘がいる奈津美役を担当する。ある日、平凡だがそれなりの生活を送っていた厚久が家に帰ると奈津美が見知らぬ男と情事にふけっていて、それを境に厚久、武田、奈津美の関係性はゆがみ、物語は予期せぬ展開へと向かう。

 石井監督によると奈津美役は「きっと多くの役者が避けるであろう重く苦しい役」とのこと。大島は「この作品を通じて、役に“裸”で向き合うことの大切さを学びました。素直に表現したり、素直に受け止めるということ。とてもシンプルなことでありながら、一番大変なんですけど、自分自身から湧き出たものを自分で信じること、そしてそれらを自分でキャッチして、それを表にきちんと出すということを徹底しました」と振り返っている。

 そして「撮影現場では、常に苦労はありましたけど、石井監督との信頼関係もありましたし、撮影中、その信頼という名の橋は崩れることは無かった」と明かし、「監督と繋がりながら剥き出しであり続けるという、私にとって初めての挑戦でした」と続けている。

 石井監督は撮影時のエピソードとして「ある重要なシーンの本番中、突然大島さんにスイッチが入って、その芝居があまりにも凄くて、ひっくり返るほど驚きました。大島さんを見ていて、ゾッとしてきて、演技なのか狂っているのかわからなくなって怖くなりました」と紹介。「きっと大島優子さんがずっと抱えていたものが爆発したんだと思います。その時、大島さんの何かが決定的に変わったと確信しました」と話している。(編集部・海江田宗)

本文はここま>
でです このページの先頭へ