ここから本文です

『パラサイト 半地下の家族』、IMAX&モノクロVer.での劇場公開決定

クランクイン!

2020年5月20日 (水) 12時00分 更新

映画『パラサイト 半地下の家族』IMAX Ver. ポスタービジュアル

映画『パラサイト 半地下の家族』IMAX Ver. ポスタービジュアル

(C) 2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED

 第92回アカデミー賞で外国語映画として初の作品賞を受賞、さらに監督賞、脚本賞、国際長編映画賞の最多4冠に輝いたポン・ジュノ監督の映画『パラサイト 半地下の家族』が、IMAXとモノクロの両バージョンで劇場公開されることが決定。併せて、新たに2種類のビジュアルとモノクロ版の予告編が公開された。

 俳優ソン・ガンホが主演を務める本作は、全員失業中の貧しい一家とIT企業を経営する裕福な社長一家という相反する2つの家族を軸に、貧富格差を痛烈に批判しつつ、コミカルさやサスペンス感なども交えた悲喜劇だ。公開直後から日本でも大ヒット、アカデミー賞受賞を受けその勢いは増し、日本国内の観客動員数は330万人を超え、興行収入も45.5億円を突破。韓国映画として国内興行収入1位の記録を塗り替えただけではなく、『グリーンブック』(21.6億円)、『ラ・ラ・ランド』(44.2億円)など近年のアカデミー賞受賞で話題となった作品を引き離し、社会現象ともいえる盛り上がりを見せた。

 そんな本作のIMAX版は、北米ではオスカー獲得後の2月に1週間限定で上映され、映画ファンの間でも話題となっていた。映像はIMAX仕様に合わせデジタルリマスターされている。臨場感がより際立ち、映画の吸引力を濃厚に感じられる映像体験が劇場で楽しめる。

 一方、モノクロバージョンは、実はオリジナルのカラーバージョン(通常版)がカンヌ国際映画祭でお披露目される前に作られた。制作の理由についてポン監督は「黒澤明、ジャン・ルノワール、ジョン・フォード、アルフレッド・ヒッチコックなど偉大な監督たちのフィルモグラフィーには、モノクロ映画の時代とカラー映画の時代とがありますが、私たちの世代はモノクロ映画を作る機会がありませんでした。自分もクラシックの仲間入りをしてみたいという夢を、最新のデジタル技術のおかげで実現することができました」と語る。

 同監督はさらに、「私は今まで二度このバージョンを観ていますが、初めは寓話のように感じられ、まるで昔の物語を見ているかのような不思議な感覚になりました。二度目は、映画がより現実的で鋭く感じられ、まるで刃物で切りつけられるかのようでした。俳優たちの演技がさらに際立ち、より登場人物を中心に映画が展開しているようにも思えました」と自身の感想を明かした上、「観客のみなさんが、カラー版の鑑賞体験と比較しご自身の『パラサイト』モノクロ版の鑑賞方法を見つけてくれたら嬉しいです」とのメッセージを寄せている。

 映画『パラサイト 半地下の家族』IMAX・モノクロ両バージョンの公開日は劇場再開後に向け調整中。

本文はここま>
でです このページの先頭へ