ここから本文です

家主の態度が急変…最新家系ホラー『マー ―サイコパスの狂気の地下室―』BD&DVD発売

クランクイン!

2020年5月20日 (水) 20時00分 更新

映画『マー ―サイコパスの狂気の地下室―』場面写真

映画『マー ―サイコパスの狂気の地下室―』場面写真

(C) 2019 Universal Studios. All Rights Reserved.

 オスカー女優のオクタヴィア・スペンサーが主演する復讐ホラー映画『マー ―サイコパスの狂気の地下室―』のBlu‐ray&DVDが8月5日にリリースされることが決定。オクタヴィアの狂気の演技を垣間見られる予告編が公開された。

 本作は、映画『ゲット・アウト』や『パージ』シリーズを手掛けるなど、ホラー映画界をリードするプロダクションのひとつであるブラムハウス・プロダクションズの最新作。孤独な主人公が、偶然出会った若者たちが自分の過去とリンクする存在であったために、彼らを、そしてその親たちをどこまでも追い詰めて、何が待ち受けるか分からない恐怖へと引っ張り込んでいく。

 主演は映画『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』でアカデミー賞助演女優賞を受賞し、『ドリーム』や『シェイプ・オブ・ウォーター』でも助演女優賞にノミネートされた実力派女優のオクタヴィア・スペンサー。本作でオクタヴィアは製作総指揮にも名前を連ね、並々ならぬ意欲で主人公の「マー」を怪演、その表情とともに脳裏から離れない不気味なキャラクターを見せつけた。オクタヴィアのほか、ジュリエット・ルイスやルーク・エヴァンスらベテラン俳優陣が出演する。

 製作・監督・脚本を務めるのは、映画『ヘルプ 心がつなぐストーリー』『ガール・オン・ザ・トレイン』『ジェームス・ブラウン ~最高の魂(ソウル)を持つ男~』のテイト・テイラー。本作では警官役として出演もしている。

 スー・アン(オクタヴィア)は、静かなオハイオのとある街で自分の殻にこもって暮らしている孤独な女性。ある時地元の女子高生が、通りかかったスー・アンに自分の代わりに酒を買ってくれるよう頼む。それをきっかけにスー・アンは、パーティができるように自宅の地下室を提供する。但し、彼女の家の簡単なルールに従わなければならない。「誰かはしらふでいる」、「文句を言わない」、「二階に上がってはダメ。」、そして彼女のことを「マー」と呼ぶ。そんなマーのもてなしで楽しい時間が過ぎていくが、やがてマーの態度が変わり始め…。

 予告編は、高校生たちがスー・アンに酒を代わりに買ってもらったことをきっかけに、彼女の自宅に招かれ楽しく過ごす場面からスタート。しかしその後、スー・アンが、高校生のアクセサリーを知らぬ間に奪ったり、その人間関係に立ち入るなど常軌を逸した行動をとり始め、ついには彼らとその家族の生命を脅かすほど追い詰めていく様が緊迫感あふれる映像で展開していく。最後は「最高に楽しいわ」と不気味に笑うオクタヴィアのアップ映像で幕を閉じる。

 映画『マー ―サイコパスの狂気の地下室―』のBlu‐ray&DVDは、8月5日発売。

本文はここま>
でです このページの先頭へ