ここから本文です

蒼井優×高橋一生×黒沢清監督の8Kドラマ、6月6日放送 共演に東出昌大ら

シネマトゥデイ

2020年5月21日 (木) 17時06分 更新

「スパイの妻」より - (C)NHK

「スパイの妻」より - (C)NHK

シネマトゥデイ

 蒼井優と高橋一生が夫婦役で共演するドラマ「スパイの妻」が6月6日、NHK BS8Kで放送される(午後2:00~3:54)。1940年の神戸を舞台に、戦争に翻弄されながら信念と愛を貫く主人公と夫の姿を描くラブ・サスペンスで、ヒロインの幼なじみの憲兵に東出昌大、夫の甥に坂東龍汰がふんするほか、恒松祐里、みのすけ、玄理、笹野高史が出演。映画『CURE』『散歩する侵略者』などの黒沢清監督が演出を、映画『寝ても覚めても』の濱口竜介監督らが黒沢とともに脚本を手掛けた。

 物語は、太平洋戦争前夜の神戸で、満州へ赴いていた貿易商の夫・優作(高橋一生)の帰りを待ちわびていた聡子(蒼井優)が、幼なじみの憲兵から、夫が満州から連れ帰った女の死を告げられるところから始まる。嫉妬心に駆られた聡子は夫の行動を疑うなかで、彼が持ち帰った重大な秘密を知ることとなり、真実を知った聡子はある行動に出る。

 主演の蒼井は、これまで黒沢監督のドラマ「贖罪」(2012・WOWOW)や映画『岸辺の旅』(2015)に出演しており、撮影を以下のように振り返っている。「この時代の女性を演じるのは今回が初めてだったのですが、思い描いたところに自分が行けているのか、どこか感覚が凝り固まっているのではないか、と常に自分を疑いながらの撮影でした。また、黒沢監督は、立ち位置と動きを決めてくださって、そこからどうするかは、演じる側の俳優に委ねられるため、終始『正解は何だろう?』と思いながら演じていました。正解を当てに行くというよりは、不正解を知っていくことで役を形作っていくことができたように思います」

 一方、共演の高橋は蒼井と映画『ロマンスドール』でも夫婦役で共演しており、黒沢作品は初。エキストラを交えた大規模な撮影をはじめ、刺激を受けたようだ。「黒沢監督作品に初めての参加でしたが、監督の世界観は非常に明確でしたので、動きの指示や細かな機微において、提示されたものの中でどれだけの事が出来るか、楽しみながら取り組むことができました。特に、この時代の人間を演じるならではの、現代的な口調ではない台詞群を、どう解釈して出力するかという作業は、個人的にも面白い体験でした。また、撮影終盤には、大掛かりでクラシックなオープンセットを前に、百人以上のエキストラの皆さんが行き交う中で、1カットの非常に長いお芝居をやらせていただきましたが、各部署のスタッフの方々が動いていることを感じてここに参加させていただいていることの感謝と興奮がありました。そして、蒼井さんはお芝居で会話が出来る方なので、とても安心して刺激的な経験が出来たと思っています」

 演出の黒沢監督、制作統括の土橋圭介、岡本英之のコメントは以下の通り。(編集部・石井百合子)

 

【黒沢清/演出】

 過ぎ去った時代がまとう抽象性と、カメラが切り取る生身の人間の実在感とをどうやって両立させるのか、それは最初至難の技に思えました。しかし結果は素晴らしかった。何より主演俳優二人が渾こん身の演技でこの時代のリアリティを体現してくれたこと、そして各スタッフたちがそれを支え、超濃密でどこか神秘的な8K映像が見る者をたちまち1940年代の日本へといざなってくれたこと、全てが最高のかたちで結びつきました。このような幸運な経験は、私の長いキャリアの中でも初めてのことです。

【土橋圭介(NHKエンタープライズ)/制作統括】

 映画監督の黒沢清さんを迎えての8K制作のドラマ。この一大プロジェクトを裏方で支えたのは、監督旧知の黒沢組の面々とともに、今回が初顔合わせとなるNHK技術スタッフたち。互いに期待と不安が入り混じる中、スケジュール都合でクランクイン早々、蒼井優さんと高橋一生さんが緊迫したやりとりを5分間ノーカットで見せる終盤のシーンを撮ることに。役になじむ前に、こういうシーンから入ってしまい、お二人はやりにくかったと思いますが、この撮影を序盤に乗り切ったことで、流派の異なるスタッフが1つのチームになったように感じました。素晴らしい演技に強力なスタッフワークが加わり、黒沢監督の新境地とも言える作品が完成しました。

【岡本英之(Incline)/制作統括】

 神戸を舞台とした時代劇を8K・スーパーハイビジョン撮影で黒沢清監督が演出する。映像に関わる誰しも興奮を隠しきれないこの企画は、濱口竜介、野原位の両氏が作に名を連ね、音楽は長岡亮介氏が担当。何より、蒼井優、高橋一生の両氏をはじめとした素晴らしい俳優陣の出演する、まさに「夢のような作品」となりました。完成を迎えた今、このように事実を並べ改めてそのことを実感しています。どうぞご期待ください。

本文はここま>
でです このページの先頭へ