ここから本文です

湯浅政明監督「日本沈没2020」Netflixで7月9日配信 予告編に新キャラ

シネマトゥデイ

2020年5月29日 (金) 08時00分 更新

Netflixオリジナルアニメシリーズ「日本沈没2020」は7月9日より全世界独占配信

Netflixオリジナルアニメシリーズ「日本沈没2020」は7月9日より全世界独占配信

シネマトゥデイ

 映画『夜は短し歩けよ乙女』、テレビシリーズ「映像研には手を出すな!」などの湯浅政明監督が、度々映像化されてきた小松左京のベストセラー小説をアニメ化するNetflixオリジナルシリーズ「日本沈没2020」(全10話)の配信日が7月9日に決定。併せて予告編と新たなキャラクター及び声優陣が発表された。

 湯浅監督にとって「DEVILMAN crybaby」以来、2度目のNetflixアニメ作品となる本作。2020年の日本を舞台に、オリンピックを目指す中学生の長女・歩(声:上田麗奈)、父・航一郎(声:てらそま まさき)、母・マリ(声:佐々木優子)、弟・剛(声:村中知)ら武藤家が、突然の大地震に見舞われ、東京から脱出すべくサバイブするさまが描かれる。

 そんな武藤家と深くかかわっていく新たなキャラクターと声優陣も発表。武藤家の隣人で引きこもりになった元陸上部のエース・古賀春生(声:吉野裕行)、武藤家の近所に住むパーソナルトレーナーの三浦七海(声:森なな子)、チャンネル登録者数700万人を超えるユーチューバーのカイト(声:小野賢章)、郊外にあるスーパーの店主で弓の達人・疋田国夫(声:佐々木梅治)。

 新たに公開された予告編では、大地震に見舞われた日本という極限状況下で、名もなき一家が力を合わせて前を向いていく過程が収められており、ユーチューバーのカイトら新キャラも姿を見せている。

 なお、本作はアヌシー国際アニメーション映画祭のテレビ部門にノミネートされていたが、新型コロナウイルスの影響により同映画祭がオンラインでの実施に変更されたことに伴い、出品を見送ることとなった。(編集部・石井百合子)

本文はここま>
でです このページの先頭へ