ここから本文です

門脇麦、箱入り娘役で『あのこは貴族』主演!水原希子が共演

シネマトゥデイ

2020年6月2日 (火) 05時00分 更新

生き方の異なる2人を演じる! - (C)山内マリコ/集英社・『あのこは貴族』製作委員会

生き方の異なる2人を演じる! - (C)山内マリコ/集英社・『あのこは貴族』製作委員会

シネマトゥデイ

 門脇麦が、山内マリコの同名小説を映画化する『あのこは貴族』(2021年公開)に主演することが発表された。門脇は都会に生きる箱入り娘の榛原華子役で、自力で都会を生き抜く時岡美紀役で水原希子が共演する。

 映画『グッド・ストライプス』で新藤兼人賞金賞を受賞した岨手由貴子監督がメガホンを取る本作。何不自由なく育てられて「結婚=幸せ」と信じていたが、結婚を考えていた恋人に振られ、初めて人生の岐路に立つ華子。猛勉強をして慶應大学に入学して上京、学費のために夜の世界も経験したが大学を中退し、恋人はなく、仕事にやりがいも感じていない美紀。同じ東京に暮らしながら異なる生き方をしている二人の人生が交差し、自分の居場所を見つめなおし、人生を切り拓いていく。

 作品について門脇は「私たちは無意識のうちに世間から、そして自ら自分の人生に線引きをし、それを全うすべく日々を過ごしている部分が少なからずあるのではないかと思います。この物語は、そんな窮屈さを感じながら生きる二人の女の子が、少しづつ自分を解き放っていくお話です」と紹介。

 「さり気ないト書き一行が監督の手によって、みるみるうちに胸をきゅっと掴まれるようなシーンに変わっていく様に何度も高揚しました」と撮影を振り返っている。

 水原は「境遇の全く違う二人が、自分らしく生きること、自分にとって本当の幸せとはどういうことなんだろうと葛藤しながらも、悩みと変化の中で成長し、自立していくことでより自由になり解放されていく。29歳、地方育ちの私にとって、とても共感の多い作品でした」とコメント。「女性のみならず、色んな方が自分で自分の人生を選択していくことの大切さに共感していただける作品」と話している。(編集部・海江田宗)

本文はここま>
でです このページの先頭へ