ここから本文です

ダウニー・Jr&トムホ、今度は“先生と犬”の関係!『ドクター・ドリトル』本編映像

シネマトゥデイ

2020年6月15日 (月) 08時00分 更新

ダウニー・Jr演じるドリトル先生の愛犬(左)、声はトム・ホランド

ダウニー・Jr演じるドリトル先生の愛犬(左)、声はトム・ホランド

シネマトゥデイ

 映画『ドクター・ドリトル』(6月19日全国公開)から、ロバート・ダウニー・Jr演じる主人公・ドリトル先生と猟犬ジップ(声:トム・ホランド)の会話シーンを収めた本編映像が公開された。

 動物と会話ができる獣医ドリトル先生が、重い病に倒れた若き女王を救う治療法を求めて、伝説の島を目指す本作。ロバートとトムといえば、『アベンジャーズ』シリーズなどのマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)作品でアイアンマン/トニー・スタークとスパイダーマン/ピーター・パーカーを演じていることで知られており、トニーはピーターと師弟関係で結ばれている。

 

 『ドクター・ドリトル』でのロバートとトムは、マーベル作品とは打って変わって“先生と犬”という関係。映像では、ドリトル先生が愛犬ジップに病を患った若き女王を診察するように指示。先生に忠実なジップは、持ち前の嗅覚を使って女王の匂いを嗅ぎ、「変な匂いが……。花の香りと土の……」と報告する。マーベル作品でおっちょこちょいなヒーローを演じるトムは、本作では冷静でしっかり者の犬役に挑戦。変わり者なドリトル先生を演じたロバートとの再共演も見どころとなっている。(編集部・倉本拓弥)

画像:(c) 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved. (c) 2020 UNIVERSAL STUDIOS and PERFECT UNIVERSE INVESTMENT INC. All Rights Reserved.

本文はここま>
でです このページの先頭へ