ここから本文です

奥寺佐渡子

略歴

1966年生まれ。大学卒業後、会社員を経て、本格的な執筆活動に入り、相米慎二監督の『お引越し』(1993)で毎日映画コンクール優秀賞を受賞し、脚光を浴びる。主な脚本作品に、日本アカデミー賞優秀脚本賞を受賞した『学校の怪談』(1995)、『魔界転生』(2003)、『天使』(2005)など。原作を大胆かつ繊細にアレンジした『時をかける少女』(2006)も話題になった。近作は、ベストセラー小説を映画化した『しゃべれども しゃべれども』(2007)。(シネマトゥデイ)

allcinema ONLINE(外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ