ここから本文です

シャーリー・マクレーン

生年月日
1934年4月24日
出身地
アメリカ/ヴァージニア州リッチモンド

略歴

本名はShirley MacLean Beatty。ワシントン・シンフォニーの指揮者だった音楽家の父と、元女優の母の間に生まれる。弟は俳優ウォーレン・ベイティ。3歳の頃からバレエを習い、ワシントン・バレエ学校に入学。16歳の時に、ブロードウェイ・ミュージカルのコーラスとしてデビュー。以後、舞台活動を続け、55年「ハリーの災難」で映画デビュー。以来、脇役ではあるが出演は続き、58年「走り来る人々」でアカデミー主演女優賞にノミネートされたのを最初に60年「アパートの鍵貸します」、63年「あなただけ今晩は」でもノミネートされ人気を不動のものとした。一時、契約問題などで映画から離れるが、その後も出演を重ね83年「愛と追憶の日々」で念願のアカデミー主演女優賞を受賞する。リベラリストとしても有名で、政治にも積極的に関与し、73年に米女性団体として初の中国訪問団を組織、その模様を納めた“The Other Half of the Sky:A China Memoir”はアカデミーにノミネートされた。また執筆活動も盛んで、輪廻転生に関した書籍がベスト・セラーになり、その原作を基にした「アウト・オン・ア・リム/自分探しの旅」が製作された。54年「青い目の蝶々さん」の製作者、スティーヴ・パーカーと結婚。夫婦揃っての親日家で、生まれた娘にサチコと命名(後のサチ・パーカー)。しかし58年からの長い別居生活を続け、82年には離婚に至っている。

allcinema ONLINE(外部リンク)

受賞歴

映画賞受賞回(年度)受賞部門 / 作品
LA批評家協会賞 第42回(2016年)
  • 生涯功労賞
LA批評家協会賞 第9回(1983年)
ベルリン国際映画祭 第49回(1999年)
  • 金熊賞(生涯功労賞)
ベルリン国際映画祭 第21回(1971年)
  • 女優賞

  • DESPERATE CHARACTERS
ベルリン国際映画祭 第9回(1959年)
ゴールデン・グローブ 第55回(1997年)
  • セシル・B・デミル賞
ゴールデン・グローブ 第46回(1988年)
ゴールデン・グローブ 第41回(1983年)
ゴールデン・グローブ 第21回(1963年)
ゴールデン・グローブ 第18回(1960年)
ゴールデン・グローブ 第16回(1958年)
  • 最も活動的な女優賞
ゴールデン・グローブ 第12回(1954年)
  • 有望若手女優賞
ヴェネチア国際映画祭 第45回(1988年)
ヴェネチア国際映画祭 第21回(1960年)
アカデミー賞 第56回(1983年)
NY批評家協会賞 第49回(1983年)
本文はここまでです このページの先頭へ