ここから本文です

三遊亭圓朝

略歴

1839生まれ、1900年没の落語家。幕末から明治にかけて創作落語や講談でオリジナルの世界を築き、伝統的な話芸に新しい息吹を吹き込んだ。本作の原作となった「真景累ケ淵(しんけいかさねがふち)」のほか、「怪談牡丹灯籠」「四谷怪談」など、怪奇現象をテーマに、人間特有の愚かさや滑稽(こっけい)さを描いたシリーズは特に知られており、その影響力は落語界に留まらず、歌舞伎や映画など近代の文学・芸能史に広くおよんでいる。幽霊画のコレクターとしても知られていた。(シネマトゥデイ)

allcinema ONLINE(外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ