ここから本文です

クリフ・ロバートソン

生年月日
1925年9月9日
出身地
アメリカ/カリフォルニア州

略歴

本名はClifford Parker Robertson III。オハイオのカレッジを卒業後、海軍に入隊し少尉として従軍。戦後から俳優を志し、アクターズ・スタジオで学びながら多くの舞台やTVに出演。その後「ピクニック」のジョシュア・ローガン監督夫人の後押しを受け、同作で映画デビューする。とにかく真面目な性格で、若き日のジョン・F・ケネディの活躍を描いた戦争アクション「魚雷艇109」の出演時には、本人に許可を得たという話があるほど。また児童問題などの人権運動にも参加したりしていたという。名作「まごころを君に」ではアカデミー主演賞を受賞。72年には映画製作会社を設立して「ミネソタ大強盗団」や「賞金稼ぎのバラード」を製作した。70年後半に当時のコロムビア社長から小切手詐欺事件に巻き込まれ、内部告発したために不遇の時期を送った事もある。近年は「エスケープ・フロム・L.A.」で私欲に満ちた大統領を不敵に演じていた。66年にダイナ・メリルと再婚したが86年に離婚している。複葉機のパイロットとしても有名。

allcinema ONLINE(外部リンク)

受賞歴

映画賞受賞回(年度)受賞部門 / 作品
アカデミー賞 第41回(1968年)
本文はここま>
でです このページの先頭へ