ここから本文です
【お知らせ】映画館の上映スケジュールについて、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響により、実際の上映時間と異なる可能性があります。ご不明な場合は、各劇場にお問い合わせくださいませ。

井筒和幸

生年月日
1952年12月13日
出身地
奈良県大和郡山市

略歴

県立奈良高校在学中から映画制作を開始。1975年、高校時代の仲間と映画制作グループ「新映倶楽部」を設立、映画界入り。『ガキ帝国』(1981)で監督協会新人奨励賞を受賞した。以降、『みゆき』(1983)、『晴れ、ときどき殺人』(1984)、『二代目はクリスチャン』(1985)、『犬死にせしもの』(1986)、『突然炎のごとく』(1994)、ブルーリボン作品賞を受賞した『岸和田少年愚連隊』(1996)、『のど自慢』(1999)、『ビッグ・ショー! ハワイに唄えば』(1999)、『ゲロッパ!』(2003)など話題作を発表。そして前作『パッチギ!』(2004)では、国内の映画賞を軒並み受賞する旋風を巻き起こした。『のど自慢』以降はすべてプロデューサー李鳳宇とコンビである。

allcinema ONLINE(外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ