ここから本文です

木下ほうか

略歴

1964年大阪府生まれ。1981年、井筒和幸監督の映画『ガキ帝国』で俳優デビュー。その後、映画、ドラマ、Vシネマを中心に本格的に活動する。前田哲監督の『sWinG maN』(2000)では初プロデュース、初主演を果たす。また、2002年には映画『17才』を初監督。主な出演作品は『パッチギ!』(2005)、『SHINOBI』(2005)、『燃ゆるとき』(2006)、『寝ずの番』(2006)、『青いうた』(2006)、『嫌われ松子の一生』(2006)、『IMPRINT』(2006)など。

allcinema ONLINE(外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ