ここから本文です

羽原大介

略歴

1964年11月27日生まれ。東京都出身。大学卒業後、芸能プロダクションのマネージャーを経て、つかこうへい氏に師事し、門下生として同劇団に参加。運転手兼大部屋役者の修業時代を経て脚本家に転身した。ライター稼業のかたわら劇団「新宿芸能」を主宰し、小劇場で定期的に公演を行う。井筒和幸監督の『ゲロッパ!』(2003)で劇場用映画脚本家としてデビュー。主な作品にテレビドラマ「代紋TAKE2」「明日があるさ」、アニメ「ふたりはプリキュア」などがあり、舞台の戯曲も手掛ける。前作『パッチギ!』(2004)で第29回日本アカデミー賞優秀脚本賞を受賞した。そのほか、『テニスの王子様』(2006)で共同脚本、『ゲゲゲの鬼太郎』(2007)で脚本を手掛け、『フラガール』(2006)では第30回日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞。

allcinema ONLINE(外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ