ここから本文です

桃井かおり

生年月日
1952年4月8日
出身地
東京都

略歴

1952年東京都出身。文学座養成所を経て、71年『あらかじめ失われた恋人たちよ』で映画デビュー。73年藤田敏八監督『赤い鳥逃げた?』、74年神代辰巳監督『青春の蹉跌』で注目を集める。77年山田洋次監督『幸福の黄色いハンカチ』では、第一回日本アカデミー賞助演女優賞を受賞。代表作に『もう頬づえはつかない』(79)『神様のくれた赤ん坊』(79)『ええじゃないか』(81)『疑惑』(82)『TOMORROW/明日』(88)『木村家の人々』(88)『東京夜曲』(97)など数多くの主演女優賞に輝き、常にその時代を走り続けている唯一の女優である。歌手としても15枚のアルバムをリリースし、プロデューサー、演出家、シナリオ・ライター、エッセイスト、デザイナー、雑誌の編集長などその才能を幅広く発揮している。アレクサンドル・ソクーロフ監督『太陽』(日本未公開)やロブ・マーシャル監督のハリウッド大作『SAYURI』(05)では存在感を発揮し、好評で海外へと活動の場を広げている。

allcinema ONLINE(外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ