ここから本文です

松原信吾

略歴

1947年、東京都生まれ。1970年に早稲田大学第一法学部卒業後、松竹大船撮影所に入社。木下恵介、野村芳太郎、前田陽一といった名監督の下で助監督を務める。田中康夫のデビュー作をかとうかずこ主演で映画化した『なんとなく、クリスタル』(1981)で監督デビューを果たした。風間杜夫と大竹しのぶが共演した『青春かけおち篇』(1987)を発表した後、活躍の場をテレビ業界に移し、数多くの作品を手掛ける。2002年に放映された浅田次郎原作のドラマ「壬生義士伝 新選組でいちばん強かった男」は、橋田壽賀子賞、ギャラクシー賞選奨などを受賞。そのほか「竜馬がゆく」(2003)、「河井継之助 ~駆け抜けた蒼龍~」(2005)を演出。

allcinema ONLINE(外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ